ジェームズ・ハーデンが30得点超えの連続試合数でトレイシー・マグレディに並ぶ

2019/01/10
NBA&海外
5667

ジェームズ・ハーデン

写真=Getty Images

1976年以降2位タイ、1位のコービーまであと2試合

驚異的なペースでスタッツを伸ばしているジェームズ・ハーデンの経歴に、また一つ冠が加わるかもしれない。

ハーデンは、1月9日のバックス戦で42得点11リバウンドを記録し、14試合続けて30得点超えを達成。これは、ABAとNBAが統合した1976年以降では2位の記録で、トレイシー・マグレディに並んだ。統合後の30得点超え連続試合記録は、コービー・ブライアントの16試合(2003年
の1月29日から2月28日まで)で、今の状態を維持できれば、ハーデンがコービーを抜くことは十分可能だろう。

昨年のクリスマスゲームから5試合続けて40得点超えを記録したハーデンは、今シーズン37試合に出場しリーグトップの平均33.9得点で、キャリア初の得点王に輝いた昨シーズンに続いて、2年連続のスコアリングタイトルを獲得できるペースで得点を量産している。

チームはこの日東カンファレンス首位のバックスに109-116で敗れはしたものの、ハーデンの大車輪の活躍より、ハムストリングを痛めて昨年末から欠場を続けているクリス・ポール不在の影響はあまり感じられなかった。

これだけのパフォーマンスにチームの勝利がついてくれば、シーズンMVPレースの行方も面白くなる。