キャブズの指揮官ティロン・ルー、『ビッグ3』を揃って休養させた判断をファンに謝罪

2016/12/16
NBA&海外
266

写真=Getty Images

主力抜きのキャブズ相手にグリズリーズは完勝するも……

12月14日にフェデックス・フォーラムで行なわれたグリズリーズ戦で、キャバリアーズ指揮官ティロン・ルーは、レブロン・ジェームズ、カイリー・アービング、ケビン・ラブのビッグ3全員を欠場させた。その前日クイックン・ローンズ・アリーナで同一カードが行なわれたのだが、長いレギュラーシーズンを考慮し、ルーは3人を遠征にも帯同させることさえせず、休養を優先させた。

試合はグリズリーズが意地を見せ、第3クォーターを終えた時点で74-53と主力不在のキャブスを圧倒。前年王者相手に思いがけない勝利を得たグリズリーズとしては思いがけないラッキーな勝利となったが、リーグを代表するスター選手の不在にメンフィスのファンが落胆したのも当然だ。

所属カンファレンスが異なるキャブズがメンフィスに訪れるのは毎シーズン1試合のみで、皆ジェームズらスター選手のプレーを観るために決して安価ではないチケットを購入しているからだ。

ルーはファン心情に理解を示し、試合前に謝罪したと『Cleveland.com』が伝えた。「レブロン、カイリー、ケビンのプレーを年に一度しか観る機会のないファンの皆さんには申し訳ない。皆さんの気持ちは理解できるが、それと今回の判断には何の関係もない」

「誰だってレブロン・ジェームズ、カイリー・アービング、ケビン・ラブのプレーを会場で観たいだろう。だが、我々のロッカールームには他にも11人のプロがいる。彼らは全力を尽くす。良い試合を皆さんに届けたい。彼らもまた、NBAチャンピオンなのだから」

レギュラーシーズン82試合という長丁場を戦うNBA選手にとって、シーズン中の休養はケガの予防に繋がることが医学的にも証明されている。特にキャブズ、ウォリアーズ、スパーズなど、来年4月から始まるプレーオフ進出が濃厚な強豪チームなら、主力選手に適時休養を与えてコンディションを管理することが不可欠となっている。

ただ、ジェームズのようなリーグを代表するスーパースターを見るためにチケットを買うファンの気持ちをないがしろにはできない。リーグ全体の収益、しいては信用にも影響するだけに、判断が難しいところだ。

選手を休ませる必要性について理解はできるが、『ビッグ3』のプレーを生で見れなかったファンにとっては残念な出来事だった。