Wリーグもインカレも! 本橋菜子×中田珠未 早稲田大の先輩後輩が語る女子バスケ

2018/12/08
Bリーグ&国内
2276

本橋菜子×中田珠未

取材=鈴木健一郎 写真=古後登志夫 協力=バスケットLIVE

この夏のワールドカップで日本代表の先発ポイントガードを務めた本橋菜子。東京羽田ヴィッキーズに戻ってWリーグで奮闘する彼女が、リーグ中断期間に母校である早稲田大を訪れた。待っていたのは早稲田の主力選手として関東大学リーグを制し、インカレに臨もうとしている中田珠未。明星学園高校から早稲田大と同じ道を歩んで来た2人は4歳違いで、在学が一緒だったことはないが、会った瞬間から笑顔で「久しぶり~」とどちらも楽しそう。一緒にプレーしたのは今年の代表合宿が初めてだが、実際には長い付き合いのある2人に対談してもらった。

本橋「誰にでも人見知りないよね?」

──会った瞬間から仲の良さが伝わる2人ですが、最初に会ったのはいつですか?

中田 私が中3で明星に転校したんですけど、その前に練習見学をしていて、3年生だった菜子さんがいたのが初対面です。私が中2の時です。覚えてないんですけど(笑)。私は中3で明星中に編入して、明星高校の練習に自分だけ行っていたんです。でもちゃんと練習に参加するようになった時には菜子さんはもう卒業していたので。

本橋 一緒に練習したことないよね。

中田 ないです。

本橋 ちゃんと練習をしたのは今年になってからの代表合宿が初めてだったよね。

中田 大学は応援に行ったこともなかったから、バスケットの印象はそこまでなかったけど、人としてはすごく優しい人だと思いました(笑)。大学に入る前に食事会があって、高校も大学も先輩だからずっと一緒の先輩だなーって思い入れがあったから、その分すごく優しくしてくれたし、すごく細かく教えてくれたから、すごくうれしかったんです。百味ビーンズの!

本橋 百味ビーンズ?

中田 東伏見で練習していた時、私がじゃんけんで負けて一番マズい味を食べないといけない時に「いいよ、私が食べるから」って言った時がチョー優しかった。

本橋 全然覚えてない(笑)。

──本橋選手から見た後輩の中田選手のキャラクターはどんな感じですか?

本橋 ホントに人懐っこいです。私が大学生で高校に練習に行った時、まだ数回しか会ったことないのに「ネルさーん!」って来て、私はコートネームがネルだったんですけど、「いや、そんなに話したことないじゃん」って(笑)。けどそこがカワイイと思うし、誰にでも人見知りないよね? こう懐に入り込めるのが良いな、カワイイなって思います。

中田 ありがとうございます(笑)。

本橋菜子×中田珠未

中田「同じく良いステップが踏めてる(笑)」

──お互いのプレーヤーとしての印象を教えてください。

本橋 とにかく能力が高いです。私が大学に入って明星の応援に行った時はまだヒョロヒョロだなという印象がありましたが、大学に上がって高校からいろんな経験をしてきて本当にうまくなったと感じます。その身長で跳べて走れて、というのは本当にすごいと思います。

中田 ありがとうございます。うれしい(笑)。自分は結構大きいから、日本の試合だと背だけでどうにかできることが多くて、ドライブの後のレイアップもほぼブロックされることはないし、逆にだからこそ菜子さんもそうですけど、小さい選手はタイミングをズラしたり、そのまま前に行くと見せかけて後ろへ持っていくとか、ちょっとした技がすごく上手だと思います。できるようになりたいです。あとはパスがめちゃめちゃ上手! 一緒にバスケをするのは今回の代表が初めてで、やりやすかったんですけど、最初はいつもはないパスだから合わせるのが大変でした。パスが読めないから「おっ、ここに来た!」みたいなのもあって(笑)。

──早稲田の女子バスケットボール部に、代が変わっても一貫しているスタイルがあればそれがどんなものか教えてください。

本橋 私たちはフリーランスでどこからも点数が取れるバスケを目指していて、エースはいたけどその人だけに頼らなくても点数が取れるのを目指していました。

中田 今はガードがすごい点を取れる選手がいるんですけど、中も層が厚いからガートとセンターを中心に、フォワードも点数を取る感じでやっています。

本橋 ある程度の約束事はあったけどフリーランスで、その中で自分たちでどう対応していくかのバスケットだったから、ヴィッキーズにしか行ってないけど誰とバスケットするにも合わせやすい。そこで学べたことが良かったと思います。

中田 明星の時は結構システムで、戸惑いはありました? 大学で急にフリーランスになるじゃないですか。明星は決まり事が多くなかったですか?

本橋 明星は真逆で、いろいろシステムがあったけど、それが基礎になってそこでいろんなバスケットの攻め方とかを知れたから、それが早稲田に入って決まりなくその時その時の状況に応じて自分で選択できたということは良いステップが踏めたと思う。

中田 なら、同じく良いステップが踏めてる(笑)。

本橋 そう思わない?

中田 思います。しかも自分は始めるのが遅くて、一番最初にやったのが明星のバスケで、フリーランスよりシステムっぽい感じで教わったから。今の早稲田も少しはセットがあるけど、1on1が基本のチームだから、そういう意味では良いと思います。

本橋 そこのシステムとか大学のバスケしかできないとかになると、この先も長いから生きてくると思う。

本橋菜子×中田珠未

本橋「安定しているのは強い、安心して見れいられる」

──今の早稲田大のバスケットについての印象を教えてください。

本橋 本当にバランスが良いです。ガード、フォワード、センターのバランスが良いし、どこからでも点数が撮れるので、安定しているのは強いし、安心して見ていられます。

──中田選手から本橋選手にアドバイスを求めることはありますか?

中田 今回、代表に入って4月から合宿があって10月くらいに帰って来たじゃないですか。ヴィッキーズから離れて代表のチームとして行動することが多くて、ヴィッキーズはヴィッキーズで活動していましたよね。自分はユニバーシアードとかありましたけど、抜けても大会2週間前ぐらいで、こんなにチームから離れることが初めてで。しかも戻ったらリーグが始まってて、合宿の間に戻っても練習が1回しかできないとか。プレー面も合わせるのが大変だったし、気持ちもチームのことを考えなきゃいけないけど代表に行っていることが難しくて、そこはどうだったのかなと……。

本橋 私もこんなにチームから離れるのは初めてだったのでちゃんとしたアドバイスができないけど、私は結構切り替えるのが得意というか、こっちに入ったらこっち、チームに帰ったらチーム、みたいな切り替えをちゃんとしてたかな。代表のことしか考えてなかったけど、チームではキャプテンだし、ポイントガードをやっているから考えないといけない部分はあるんだけど、いない時ってどうしようもないじゃんか。だから、その時にいるところで自分のできること、って考えながらやっていました。難しいよね。

中田 しかも試合が始まっちゃってたから。大会前の夏休みの追い込みの時期や、新しくチームを作る時期にいなかったから、戻ってからセットを一人で覚えたし、代表では代表のセットがあるから覚えなきゃだし、ちょっとオフで戻った時に練習に参加して少しは覚えるけど、代表はまだあるから忘れちゃいけなくて、今年はしんどかったです。

本橋 並行して試合もあって、シーズン中だったから早稲田のほうが大変かもしれないね。

本橋菜子×中田珠未

中田「日本代表で一緒にやれたらと思います」

──いずれ2人が一緒にプレーするとしたら、どのようなシチュエーションが良いですか?

中田 同じチームでやりたいっていうのがあるから、やれるなら同じチームがいいですし、でも代表がいいかな? 一緒にやれたらと思います。

本橋 そうだね。代表にお互い頑張ってこれから成長して。今回は選考合宿でしか一緒にやれなかったけど、今度はフル代表で一緒にやりたいね。楽しみだね(笑)。

中田 頑張ります!

──中田選手はインカレの抱負を、本橋選手からは激励の言葉をお願いします。

中田 日本一になったのは本橋さんの代でしたっけ?

本橋 1個上。

中田 私は高校の時も自分たちの代以外でも日本一になったことがなくて、代表のカテゴリーでも優勝したことがないんですよ。リーグ優勝とかはあるんですけど、アジア優勝とか世界一とか、そういうのを味わってみたいと思います。今年は本当にすごくバランスの良いチームでチャンスがあると思うから、今は3年生だけど4年生の力になって、日本一になってきます!

本橋 春から新チームで、ヘッドコーチも決まらなかったり今年は大変だったと思うけど、そこから春は準優勝、リーグは優勝して、インカレでもやってきたことは嘘をつかないし、自分たちの力を出せば絶対日本一になれると思うから、自分たちを信じて、楽しんでバスケットをやってもらいたいと思います。自分たちが楽しめば見てくれている人たちも楽しむと思うし、早稲田のバスケットって見てる人を楽しませることができると思うから。私も見てるから頑張ってね。

──本橋選手が3年生でインカレに優勝した時のチームは、他の時と比べて何が違いました?

本橋 優勝した決勝戦は、今までトップに入るぐらい記憶に残っていて、本当に楽しくて、自分たちがこんなにうまく行くものなのかってぐらい。試合は緊張するんですけど、その前の練習が厳しくて、本当に試合に入るような感じでやってきて、早稲田って控え選手が相手のアジャストをしてくれて、その献身的なサポートもあって練習で苦しんで苦しんで上手く行かないことがあって、そうやって苦しんでいたから試合の時がすごく楽しかったのが印象に残っています。だから大変なこともあったと思うけど、経験してきたことって絶対に嘘はつかないから、本当に頑張ってほしいと思います。優勝できると思う。