ワールドカップ出場に向け正念場、カザフスタン戦に向けたバスケ日本代表12選手

2018/12/02
日本代表
4232

男子日本代表

写真=鈴木栄一

快勝を収めたカタール戦のメンバーがそのまま継続

バスケットボール男子日本代表は、来年に中国で開催されるワールドカップの出場権を懸けたアジア予選のWindow5のゲーム2、明日のカザフスタン戦に向けた代表メンバー12名を発表した。

11月30日に行われたカタール戦は前半こそ相手の積極的なプレーに手を焼いたものの、後半にギアを上げて85-47で快勝。このメンバーがそのままカザフスタン戦へと向かう。シュートを打った後の着地で相手の足に乗ってしまい足首を痛めた富樫勇樹もメンバー入りを果たしている。

明日のカザフスタン戦は前回と同じく富山市総合体育館で、19時ティップオフとなる。

男子日本代表

ワールドカップアジア2次予選 Window5vsカザフスタン 男子日本代表 代表メンバー12名

2 富樫勇樹(PG / 千葉ジェッツ)
6 比江島慎(SG / ブリスベン・ブレッツ)
7 篠山竜青(PG / 川崎ブレイブサンダース)
8 太田敦也(C / 三遠ネオフェニックス)
10 竹内公輔(PF / 栃木ブレックス)
15 竹内譲次(PF / アルバルク東京)
18 馬場雄大(SF / アルバルク東京)
21 市岡ショーン(PF / レバンガ北海道)
22 ニック・ファジーカス(C / 川崎ブレイブサンダース)
24 田中大貴(SG / アルバルク東京)
51 古川孝敏(SG / 琉球ゴールデンキングス)
88 張本天傑(SF / 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
[ヘッドコーチ]フリオ・ラマス