シーホース三河がナゲッツにドラフトされた経歴を持つクインシー・ミラーを獲得「私はずっと日本でプレーしたいと思っていました」

シーホース三河がナゲッツにドラフトされた経歴を持つクインシー・ミラーを獲得「私はずっと日本でプレーしたいと思っていました」

2023/01/20 17:27

19日にはアンソニー・ローレンス2世のインジュアリーリスト入りを発表

シーホース三河は今日、クインシー・ミラーと契約合意したことを発表した。

アメリカ出身のミラーは、208cm、107kgのスモールフォワード兼パワーフォワード。2012年のNBAドラフトで2巡目、全体38位指名でナゲッツに加入すると、長い手足を生かしたディフェンスやドライブと精度の高い3ポイントシュートを武器にGリーグのチームでもプレーしながら、3シーズンに渡ってNBAでプレーした。2015-16シーズンからはセルビアやイスラエルなどヨーロッパを中心に活躍。今シーズンはフィリピンのPBAに移籍し、今回三河に加入した。

ミラーはクラブを通じて、次のようにコメントを発表している。「このような権威あるBリーグに参加できることに興奮し、感謝しています。私はずっと日本でプレーしたいと思っていました。それがシーホース三河でこんな幸せなことはありません。私はすべてのゲームを全力でプレーします」

また、三河は19日に右足リスフラン関節靱帯損傷と診断されたアンソニー・ローレンス2世をインジュアリーリストに登録したことも発表している。

アメリカ出身のローレンス2世は、201cm、100kgのスモールフォワード。昨シーズンにチームスタッフとして三河へ加入し、2月に選手登録に切り替わった。切れ味鋭いドライブと高さを生かしたジャンプシュートを武器に、今シーズンはここまで25試合中11試合で先発出場し、平均23.1分のプレータイムで10.9得点、5.4リバウンド、2.6アシストを記録していた。

三河は17日にも、セドリック・シモンズをインジュアリーリストに登録し、新たにシズ・オルトンを獲得している。新加入の外国籍選手たちが現在10勝20敗と負けが続くチームの起爆剤となれるか注目だ。

RECOMMEND