アルバルク東京が練習生として参加していた岡本飛竜と選手契約を締結「チームのために全力を尽くします!」

アルバルク東京が練習生として参加していた岡本飛竜と選手契約を締結「チームのために全力を尽くします!」

2022/12/02 16:09
岡本飛竜

「この機会をいただけたということに感謝」

アルバルク東京は今日、今シーズンから練習生として参加していた岡本飛竜と2022-23シーズンの選手契約を締結したことを発表した。

現在29歳の岡本は、170cm78kgのポイントガード。延岡学園から拓殖大に進み、キャリアをスタートさせた島根スサノオマジックで3シーズンを過ごした。その後、2018-19シーズンからの3シーズンを広島でプレーし、昨夏に新潟アルビレックスBBに移籍。新潟で過ごした昨シーズンは42試合に出場したがシーズン終了後に自由交渉選手リストへ公示され、今夏に練習生としてA東京に参加していた。170cmと小柄だが、ガッツ溢れるディフェンス、そしてストリート仕込みの1on1を持ち味とした司令塔だ。A東京は11月30日にバックアップガードの笹倉怜寿をインジュアリーリストに登録したため、キャリア7シーズン目を迎え、さらにチームの練習に参加していた岡本の加入は心強いものがある。

岡本はクラブを通じて「たくさんの方々の支えのお陰で常に準備を続けることができ、そしてこの機会をいただけたということに感謝しています。辛抱強く、エネルギーをもってチームのために全力を尽くします!」とコメントを発表している。

なお、試合エントリーについては選手登録完了次第、あらためて発表するとのこと。

RECOMMEND