四日市メリノール学院は強く楽しく元気良く! 北野花&杉村遼奈&志摩香奈子「メリノールのスタイルをもっと強く」

四日市メリノール学院は強く楽しく元気良く! 北野花&杉村遼奈&志摩香奈子「メリノールのスタイルをもっと強く」

2022/12/07 18:30
北野花&杉村遼奈&志摩香奈子

四日市メリノール学院の高校女子バスケットボール部は、創部3年目の昨年にインターハイとウインターカップに初出場した新興チーム。それでも稲垣愛コーチ率いる中学女子はすでに全国屈指の強豪で、今年からは高校も稲垣コーチが指導するようになり、その勢いをさらに増している。今夏のインターハイ出場は逃したが、その悔しさをバネに選手たちはより一層タフになり、同時に「バスケを楽しむ」気持ちも忘れていない。攻守にチームを引っ張る北野花と杉村遼奈、そして2年生ながら力強いフィニッシュで得点を連発する志摩香奈子に、ウインターカップへの抱負を聞いた。

「自分たちらしく楽しくやれば大丈夫」

──まずは3人の自己紹介からお願いします。

杉村 四日市メリノール学院3年の杉村遼奈です。得意なプレーはディフェンスです。メリノールは中高が一緒に練習して競い合うところが良くて、切磋琢磨しているおかげで結果も付いてきていると思います。

北野 四日市メリノール学院、北野花です。得意なプレーはドライブとストップジャンプシュートです。自分の1つ上の代にできたチームで、これからどんどん強くなると思って、メリノール中からの進学を選びました。

志摩 四日市メリノール学院の志摩香奈子です。得意なプレーは相手とのズレを作る1対1です。私は香川が地元なんですけど、中3の時にメリノールを見て面白いバスケをしていると思い、この先輩たちとプレーしたいと思って入りました。人数が多いんですけど、全員がやるべきことをちゃんとできること、オンとオフがはっきりしていて、楽しむ時は楽しめるのがこのチームの良いところだと思います。

──杉村選手は、他の2人から見てどんな選手ですか?

北野 練習前はおちゃらけてるんですけど、やる時はやってくれる元気な選手です。大事な試合でディフェンスでみんなをカバーして、最後はシュートを決めるかファウルをもらってきてくれます。

志摩 コートの外では明るくて元気で、コートの中ではディフェンスとかリバウンドをアグレッシブにやって、みんなを引っ張ってくれます。

──それでは北野選手はいかがでしょうか。

杉村 いつも宇宙と交信してて、ぼーっとして何を考えているのか分からないことがあります(笑)。バスケでも頭が真っ白になって周りが見えなくなっちゃうことがあるけど、それでもフィニッシュまで行きます。

志摩 宇宙と交信みたいなところもありますけど、めっちゃシュートが入るし尊敬する先輩です。

北野 マイペースとよく言われます。皆さんに助けてもらっています(笑)。

北野花&杉村遼奈&志摩香奈子

「良い時をどれだけ長くできるかをもっと意識したい」

──昨年は創部3年目でインターハイとウインターカップに初出場しましたが、今年はインターハイ出場を逃しています。今回のウインターカップに懸ける気持ちは大きかったのでは?

杉村 3年生でインターハイ予選で負けて、ウインターカップにも出られないのが一番嫌だったので、インターハイ予選で負けた後にみんなで話し合って、後悔が残らないように楽しんでバスケをやろうと決めました。ここまではそれができていて、結果にも繋がっていると思います。

北野 インターハイ予選では自分たちのプレーができずに自滅しました。それから走り込みをすごくやったり、いろんなチームに協力してもらって試合を組んでもらったりしてきて、今回の予選には「自分たちらしく楽しくやれば大丈夫」という気持ちで挑むことができました。

──2年生ながらエースとしてプレーする志摩選手は、ウインターカップでどんなプレーをしたいですか?

志摩 予選の決勝は、最初はすごく良かったんですけど第2クォーターと第3クォーターは集中できていなくて、良い時をどれだけ長くできるかをもっと意識したいです。あとはディフェンスの強度を上げること。それができれば全国でも勝てると思っています。

──2年生の志摩選手は、先輩から見てどうですか?

杉村 すごく真面目で努力家です。

北野 大事な時に絶対シュートを決めてくれるので、頼りにしています。

──杉村選手と北野選手は、ウインターカップで勝つためには何が必要だと思いますか?

北野 得点のほとんどが外からなので、センター陣を強化すること、あとは私と志摩で点を取って、中も外もバランスよく得点できるよう強化していく必要があると思います。

杉村 センター陣はもうちょっとディフェンスできたらいいと思います。予選でも第3クォーターの入りにディフェンスが粘れなかったりしたりので、大変なのは分かっていますがもうちょっとコミュニケーションを取ってやっていきたいです。

北野花&杉村遼奈&志摩香奈子

「ルーズボールとかリバウンドで魅了できるチームに」

──部員はマネージャーを含めて35人です。一緒に練習する中学生は50人以上います。まとめるのは大変では?

北野 中学生も自分たちでテキパキ動いてくれるし、高校生も声を掛ければ普通に動いてくれるので、あまり大変だとは思わないです。

──メリノールでのここまでを振り返って、一番大変だった事件は何ですか?

杉村 インターハイ予選でユニフォームを忘れたことです。試合当日、会場に着いてから気が付いて、古いユニフォームがあったので試合は大丈夫だったんですけど、めちゃくちゃ怒られました。中学の頃からバッシュとか忘れ物が多かったですけど、それから紙に書いてドアに貼るようになりました(笑)。

──ウインターカップの目標と、それを達成するために何を頑張るかを教えてください。

杉村 目標はベスト8に入ることです。そのためにはメリノールのスタイルをもっと強くして、ルーズボールとかリバウンドで魅了できるチームになれるよう頑張りたいです。私はディフェンダーで、守備では誰にも負けないと思っているので、ディフェンスで流れを持ってくるプレーをしたいです。

北野 私はディフェンスが苦手なんですけど、愛コーチが練習中に「ディフェンスを頑張ろう」という声を掛けてくれて前向き頑張ってきたので、それをウインターカップでも出したいです。オフェンスでは自分の武器であるドライブからのストップジャンプシュートを出したいです。それだけじゃなく、逃げずにレイアップまで持っていくプレーも頑張りたいです。

志摩 自分たちのバスケをどれだけ長い時間やりきれるかがカギになると思います。自分たちは最後の3分ぐらいでリバウンドが取れなくなったり、ルーズボールを追えなくなったりするので。個人的には1対1が得意なので、抜いた後にそのままフィニッシュしたり味方へパスしたりするプレーを見てほしいです。いっぱい点が取れる時とそうでない時があるので、コンスタントに点を取れる選手になりたいです。

RECOMMEND