外国籍選手が奮闘した名古屋ダイヤモンドドルフィンズが100点ゲームで滋賀に勝利、今シーズン10勝目を挙げる

外国籍選手が奮闘した名古屋ダイヤモンドドルフィンズが100点ゲームで滋賀に勝利、今シーズン10勝目を挙げる

2022/11/27 18:34
スコット・エサトン

司令塔の齋藤拓実は前半不調も、後半に立て直し15得点9アシストを記録

11月27日、滋賀レイクスと名古屋ダイヤモンドドルフィンズの第2戦が行われた。前半は、第1戦で大敗した滋賀が猛攻を見せたが、名古屋Dがシュートミスなしのパーフェクトで20得点を挙げたスコット・エサトンやゲームハイとなる27得点のコティ・クラークなど外国籍選手がゲームを支配し、104-82で勝利。名古屋Dは今節の連勝で、今シーズン10勝に到達した。

先に主導権を握ったのは滋賀だった。名古屋Dの先発ガードの齋藤拓実にこのクォーターだけで4つのターンオーバーを誘発させるタイトなディフェンスを見せて、連続でファストブレイクへ繋げると、杉浦佑成がミドルシュートで続き、6点のリードを奪う。名古屋Dは連続失点を受けてタイムアウトを要求し、その後7-0のランでやり返すが、堅守速攻を体現した滋賀が18-17とリードして最初のクォーターを終える。

第2クォーターに入ると、名古屋Dは最初のオフェンスでモリス・ンドゥールがダンクを決めて逆転に成功する。クォーター中盤には、クラークがディフェンスリバウンドから、巧みなボールハンドリングとフィジカルを生かしてリングへアタックするなど攻撃の起点になると、このクォーターに11得点を挙げたエサトンがクラークとの合わせから得点に成功。クォーター終盤に狩野祐介のアウトサイドシュートを受けたが、外国籍選手の活躍が光った名古屋Dが1点リードして試合を折り返した。

思うように滋賀を突き放せない名古屋Dだったが、後半に入ると攻守で圧倒する。前半に攻撃の起点となった外国籍選手を筆頭に強度の高いディフェンスで滋賀のオフェンスを苦しめてタフショットを打たせると、残り6分半に中東泰斗がファストブレイクを成功させてリードを10点に。前半と同様にアウトサイドシュートに苦しめられる時間もあったが、失点後すぐにボールをフロントコートへ運びエサトンやクラークが得点を重ねたようにトランジションが機能した。また、滋賀のピック&ロールに対してブリッツを仕掛けてターンオーバーを誘うなど守備も安定し始め、2桁のリードを維持したまま第3クォーターを終えた。

最終クォーターに入ると、前半はハードなディフェンスに苦しんだ齋藤がこのクォーターだけで11得点2アシストの大暴れを見せて残り5分にはリードを14点に。司令塔の復調に続くように、高い集中力を保ったクラークがシュートをノーミスで成功させて14得点を固めるなど、チームオフェンスが爆発。最終的にリードを22点まで伸ばし、快勝した。

RECOMMEND