全勝チームがなくなったB1、シーホース三河と対戦する中地区首位の三遠は古巣メンバーが進化を見せられるか!?

全勝チームがなくなったB1、シーホース三河と対戦する中地区首位の三遠は古巣メンバーが進化を見せられるか!?

2022/10/26 12:00
Bリーグ

今シーズン初の水曜ゲーム、平日開催を制するものがシーズンを制す?

茨城ロボッツvsレバンガ北海道
前節の横浜ビー・コルセアーズ戦で連勝を収めた茨城は、ホームで北海道と対戦。注目は平均15.8得点、9.1リバウンド、5.6アシストでいずれもチームトップとなっているチェハーレス・タプスコットのパフォーマンス。前節の第2戦では、シーズンハイとなる32得点を記録するなど、試合を重ねるごとに調子を上げてきている。対する北海道は、前節の名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦で100失点以上してしまう大敗を喫した。しかし、フィールドゴールの試投数はリーグトップに位置しており、ポジティブな要素も生まれている。現在スティール数でリーグ1位のドワイト・ラモスや、3ポイントシュート成功率で同2位の橋本竜馬など、個人成績で上位に立つ選手を中心にチーム一丸で戦いたい。

富山グラウジーズvsサンロッカーズ渋谷
開幕戦を戦った富山とSR渋谷が早くも再戦する。富山は開幕から1勝7敗と厳しい状況だが、前節に現在東地区2位の群馬クレインサンダーズとオーバータイムにもつれる激戦を繰り広げるなど、勝利までもう少しのところまできている。平均18.5得点、12.4リバウンドと平均でダブル・ダブルを記録している大黒柱のジョシュア・スミスを中心にインサイドから流れを呼び寄せたい。SR渋谷はライアン・ケリーが欠場の中、島根スサノオマジックとの第2戦にオーバータイムの末に勝利を収めた。現在平均21.0得点でチームのスコアリーダーとなっているケビン・ジョーンズと、チームトップの8.4リバウンドを残しているジェームズ・マイケル・マカドゥのインサイドコンビがスミスにどのように立ち向かうか注目だ。

三遠ネオフェニックスvsシーホース三河
現在中地区の首位に立つ三遠は、チームの得点王となっているヤンテ・メイテンとアイゼイア・ヒックスの両外国籍選手が攻撃の中心。アウトサイドでは、細川一輝が46.3%と高確率で3ポイントシュートを決めるなど、相手に的を絞らせないオフェンスが展開できている。また、かつて三河に所属していた金丸晃輔、根來新之助、カイル・コリンズワースは古巣を相手に進化した姿を見せたいところだ。敵地へ乗り込む三河は、新加入のカイル・オクインが7.9リバウンドでチームトップに立つなど、三河になじみつつある。得点源のダバンテ・ガードナーはもちろんのこと、前節に2桁得点を残したシェーファー・アヴィ幸樹や西田優大など若手選手の活躍も勝利に欠かせない。

winner

ドコモスポーツくじへの参加はこちらから

京都ハンナリーズvs名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
前節の新潟アルビレックスBB戦で今シーズン初めて連勝し、勝率を5割に戻した京都。新体制となったチームは、連勝をきっかけに戦い方を見つけつつある。中でもジェロード・ユトフが、チームのスコアリーダーとしてオフェンスの起点となりながら、ディフェンスではリーグトップの平均2.3ブロックを記録するなど、攻守に渡ってチームの屋台骨となっている。名古屋Dは得点、アシスト、ブロック、3ポイントシュート成功率の4部門でリーグトップに立ち、オフェンスはもちろんディフェンスでも力を発揮している。特にコティ・クラークと須田侑太郎の2人で、8試合で42本成功している3ポイントシュートは京都にとって脅威となるだろう。

広島ドラゴンフライズvs琉球ゴールデンキングス
4連勝と勢いに乗る広島は、同地区首位の琉球と対戦する。チームトップの平均17.5得点を残しているドゥエイン・エバンスは、前節まで20得点オーバーを3試合続けて記録しており、攻撃の要となっている。昨シーズンのチームの得点王だったニック・メイヨがケガで離脱している中、エバンスを筆頭にオフェンスから流れを引き寄せたい。対する琉球は、敗れたのは名古屋Dとの1試合のみと今シーズンも勝負強さを発揮している。中でもインサイドのジャック・クーリーとアレン・ダーラムがゴール下を支配し、チームで奪ったオフェンスリバウンドはリーグトップの数を誇っている。また、ジョシュ・ダンカンの3ポイントシュートの成功率が63.2%と新たな武器も備わった。

アルバルク東京vs仙台89ERS
リーグ初年度以来の顔合わせとなる両者。A東京は前節に宇都宮ブレックスと対戦し、今シーズン初の連勝を収めた。ポイントガードのジャスティン・コブスがチームトップの得点とアシストを記録し、加入1年目ながらオフェンスの中心となっている。前節欠場した田中大貴の出場可否が気になるが、補えるだけの戦力があることは宇都宮戦で証明済みだ。仙台の前節は、信州ブレイブウォリアーズと1勝1敗の痛み分けとなった。新加入のラショーン・トーマスが開幕からの全8試合で2桁得点を記録し、劣勢の場面でも落ちることのない得点力で仙台を牽引している。チームの日本人選手の中でトップの平均得点を記録している岡田泰希とコブスのポイントガード対決にも注目だ。

RECOMMEND