B1昇格まであと一歩の西宮ストークス、新たな挑戦が始まる

B1昇格まであと一歩の西宮ストークス、新たな挑戦が始まる

2022/09/21 11:30
西宮ストークス

継続路線だが、フレッシュな開幕を予感させる西宮

昨シーズン西地区3位だったが、2位の熊本ヴォルターズとは0.5ゲーム差、1位の香川ファイブアローズとは1.5ゲーム差と地区優勝も見えていた西宮ストークス。しかし、ここ2シーズンはプレーオフで勝ち上がることができず、B1復帰にたどり着けていない。今オフは継続選手が多い中、新しい風を感じさせる動きとなった。一定の成果を上げていたマティアス・フィッシャーヘッドコーチが大阪エヴェッサへ移籍。Bリーグ発足以来、福島ファイヤーボンズで指揮を執っていた森山知広が新ヘッドコーチに就任した。日本人選手でチーム最長の出場時間だった川村卓也が退団し、正ポイントガードだった今野翔太が引退と実績のある2選手の退団はインパクトが大きい。一方、川崎ブレイブサンダースからユーティリティガードの綱井勇介を獲得。また、川島聖那は西宮でルーキーシーズンを過ごすことに。屋台骨となるコアメンバーに新加入選手が融合し、B1復帰を目指す。

西宮

フィッシャー前ヘッドコーチはハーフコートバスケを徹底していたが、森山ヘッドコーチは「良い意味でスクラップ&ビルドしていく」とコメントしている。ヘッドコーチが代わったことで、昨シーズンまでの起用法から大きな変化もあるだろう。谷直樹、道原紀晃といったフランチャイズプレーヤーもベテランになってきている。いかに若い選手が彼らからプレータイムを勝ち取るかが注目ポイント。

所属選手一覧

西宮

注目選手

道原紀晃

道原紀晃
西宮一筋10シーズン目。ややプレータイムは減ってきたが、シュート成功率の高さとボールに絡んでいく姿勢はまったくの衰え知らず。オールラウンドな活躍が期待される。プレシーズンゲームでも、ここぞの場面で道原に3ポイントシュートを打たせるセットオフェンスを展開していた。

綱井勇介

綱井勇介
青森ワッツでは非凡なバスケセンスを見せていたが、川崎ブレイブサンダースでは、プレータイムを勝ち取ることができなかった。西宮のバックコート陣も層が厚いため、容易にプレータイムが伸びるとは限らないだろうが、持ち味の3ポイントシュートとパス、ディフェンスでチーム力を底上げしてくれることを期待したい。

川島聖那

川島聖那
日本人選手の年齢が高めな西宮の中で、唯一の20代前半の川島。アンダーカテゴリーから3x3の代表に選ばれるほどの高い得点力と身体能力で、活躍してくれるはずだ。お手本にできる実績十分なチームメートはたくさんいるので、多くのことを吸収してルーキーらしく思い切りよくプレーしてもらいたい。

推し選手を選んで「B.LEAGUE#LIVE2022」で遊ぼう
BライブはB1&B2全選手から自由に12名を選抜し勝敗を競うファンタジースポーツゲーム!
今ならBライブ新規登録でゲーム内で使える100万円分のDFSチケットを山分けしてプレゼント!

コメントを残す

RECOMMEND