島根の所属選手2名が新型コロナウイルス陽性判定、広島ドラゴンフライズとのプレシーズンマッチが中止に

島根の所属選手2名が新型コロナウイルス陽性判定、広島ドラゴンフライズとのプレシーズンマッチが中止に

2022/09/08 13:00
Bリーグ

陽性判定を受けた5名中3名に症状あり

島根スサノオマジックは選手2名(以下「選手A、選手B」)とチームスタッフ3名(以下「スタッフC、D、E」)が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。

選手A、Bはチーム内に濃厚接触者が発生したため抗原定性検査を実施。ともに陰性の確認が取れ練習に参加したが、選手Aは同日の13時に38.0度の発熱。その後、医療機関にて検査したところ、陽性判定を受けた。選手Bも陽性判定を受けたが、症状はないという。また同じく陽性判定を受けたスタッフC、Dはともに38.0度を超える発熱が生じ、スタッフEに症状は出ていないとのこと。

今回の発表を受け、9月11日に開催予定だった広島ドラゴンフライズvs島根スサノオマジックのプレシーズンマッチは中止に。チケットの払い戻しについては、開催クラブである広島のホームページで発表される。

RECOMMEND