秋田ノーザンハピネッツ、契約条項に違反する事項が発覚したため新外国籍選手のアミダ・ブライマーとの契約を解除

秋田ノーザンハピネッツ、契約条項に違反する事項が発覚したため新外国籍選手のアミダ・ブライマーとの契約を解除

2022/08/30 08:30
アミダ・ブライマー

「早急に新たな選手を獲得し、チーム作りを進めてまいります」

8月29日、秋田ノーザンハピネッツがアミダ・ブライマーと双方合意の上、2022-23シーズンの選手契約を解除したことを発表した。

ガーナ出身のブライマーは213cm104kgのセンター。コネチカット大時代にNCAAチャンピオンに輝き、2017-18シーズンにスパーズへ加入。主にGリーグでのプレーとなったが、2018年にはGリーグチャンピオンに輝いた。2019-20シーズンにはペイサーズに入団するもケガのためプレシーズンで離脱。その後、プエルトリコとベルギーでプレーし、昨シーズンはベルギーリーグチャンピオンとなった。

「キャリアの中で勝ち続けてきましたし、負けず嫌いな性格なので、秋田の『勝つ文化』にフィットすると思います」と、入団時にコメントを発表していたが、試合に出場することなく秋田を去ることに。

クラブ代表はリリースを通して以下のコメントを発表している。「ブライマー選手ですが、来日後、契約条項に違反する事項が発覚したため、残念ながら契約を解除することとなりました。早急に新たな選手を獲得し、10月の開幕へ向けてチーム作りを進めてまいります」

RECOMMEND