アルバルク東京が『TOKYO A-ARENA PROJECT』をスタート、2025年秋に約10,000人を収容する次世代アリーナが誕生

アルバルク東京が『TOKYO A-ARENA PROJECT』をスタート、2025年秋に約10,000人を収容する次世代アリーナが誕生

2022/08/29 15:00
TOKYO A-ARENA PROJECT

A東京のホームアリーナとして使用

アルバルク東京を運営するトヨタアルバルク東京株式会社、トヨタ自動車株式会社、トヨタ不動産株式会社の3社が合同で会見を行い、トヨタのショールーム施設のメガウェブの跡地に次世代アリーナ『TOKYO A-ARENA(仮称)』を建設すること、そして『TOKYO A-ARENA PROJECT』を推進していくことを発表した。

『TOKYO A-ARENA PROJECT』は「可能性にかけていこう」というコンセプトのもと、様々なパートナーの協力を得ながら、スポーツ、モビリティや、サスティナビリティといった領域を中心に、様々な可能性が集積し、さらにはその可能性が解き放たれる場所となることを目指している。

新アリーナの開業は2025年秋を予定しており、収容客数は約10,000人。トヨタアルバルク東京株式会社が運営し、A東京がホームアリーナとして使用する。なお、『TOKYO A-ARENA PROJECT』の『A』には以下のような様々な思いが込められている。
・新アリーナをホームグランドとしてBリーグを牽引する役割となっていく、アルバルク東京の頭文字のA
・地域の皆さまから愛されてほしいという想いから、青海のA
・人の可能性を広げたいという想いから、人の持つ力のAbilityのA
・アルファベットのはじまりであり、すべての始まりという想いをこめたA

施設概要
所在地 東京都江東区青海
施設名称 (仮称)TOKYO A-ARENA
敷地面積 約27,000㎡
収容客数 約10,000人
開業予定 2025年秋(予定)
土地所有会社 トヨタ自動車株式会社
建物所有会社 トヨタ不動産株式会社
運営会社 トヨタアルバルク東京株式会社

RECOMMEND