ルカ・ドンチッチが『ほぼトリプル・ダブル』でスロベニアを牽引、チームメートは「勝つ道を示してくれる」と称賛

ルカ・ドンチッチが『ほぼトリプル・ダブル』でスロベニアを牽引、チームメートは「勝つ道を示してくれる」と称賛

2022/08/26 17:30
ルカ・ドンチッチ

プレペリッチ「僕らはルカとゴランについていけばいい」

ルカ・ドンチッチがまたもスロベニア代表を勝利へと導いた。8月25日、ホームのツェリェで行われたワールドカップ予選、チームバスケットで対抗するエストニアに序盤は苦戦し、第1クォーター残り3分すぎに18-23とリードを許したが、タイムアウトを気にドンチッチが6得点に味方の3ポイントシュートをアシストと全得点に絡んで27-23と試合をひっくり返す。第1クォーターが終わったところでドンチッチはベンチに下がったがスロベニアの勢いは止まらず、17-0のランで相手を圧倒した。

こうなるとエストニアには巻き返す手段がなく、点差を1桁に戻すことはできなかった。ドンチッチは25得点11リバウンド8アシストを記録。ゴラン・ドラギッチが19得点6アシスト、ブラッコ・チャンチャーが14得点と、NBAプレーヤーが期待に応えたスロベニアが104-83で勝利。これで7月の2試合に続き、ワールドカップ予選で3連勝となった。

ドンチッチはトリプル・ダブルに近い働きをしたが、まだアクセル全開というわけではない。マーベリックスでプレーする時以上にチームメートとボールをシェアし、チームバスケットを機能させようとする意思が見られる。

それでいて第1クォーター終盤の逆転劇は自分がオフェンスを主導したように、またこの時間帯にはブロックショットを記録するなどディフェンスでもハッスルしたように、勝負どころを見極めながら自分の能力とチームのバスケットとの良いバランスを見いだそうとしている。同じようにチームメートもドンチッチが良いポジションを取った時にはすぐにボールを預けており、絶対的エースに無用のストレスを与えないことを意識しながら、彼だけに頼らないチームバスケットのバランスを調整している。

長く在籍したヒートを離れた昨シーズンに不振だったドラギッチが代表チームでは本来のパフォーマンスを取り戻しているのもポジティブな要素。2017年のユーロバスケットMVPは、ドンチッチが大スターになった今もチームに欠かせない戦力であり、チームリーダーだ。

ベテランのクレメン・プレペリッチは「僕らはルカとゴランについていけばいい。どうすれば勝つことができるのか、彼らはその道を示してくれる」と、2人のチームリーダーに信頼を寄せる。東京オリンピックでの躍進から1年、スロベニア代表は今も好調をキープしており、ワールドカップ出場、そしてユーロバスケット連覇に向けて視界良好だ。

RECOMMEND