『U18アジア選手権』が開幕、男子日本代表はレバノンとの予選ラウンド第1戦に21点差の快勝

『U18アジア選手権』が開幕、男子日本代表はレバノンとの予選ラウンド第1戦に21点差の快勝

2022/08/23 13:00
川島悠翔

川島が22得点14リバウンドと圧巻のダブル・ダブル

『FIBA U18アジア選手権』が8月22日よりテヘラン(イラン)で開幕した。イラン、レバノンと同じグループAに入ったU18男子日本代表は、予選ラウンド初戦でレバノンと対戦した。

3ポイントシュートを連続で決められ出鼻をくじかれたが、日本はフィジカルと気持ちで負けないディフェンスで食らいつくと、八重樫ショーン龍の3ポイントシュート成功を機に畳みかけ、第1クォーターを17-12で終えた。

第2クォーターに入ると、攻守が嚙み合った日本が主導権を握る。1on1で負けずにタフショットを打たせると、ディフェンスリバウンドをしっかりとモノにし、素早く攻撃に転じる。ボールをシェアし、リズム良くオフェンスを組み立てたことでシュートタッチも上がった日本は序盤で9-0と走った。その後もタフなディフェンスを継続した日本はこのクォーターを25-9と圧倒し、前半を42-21のダブルスコアで終えた。

後半開始約2分間で7-0と走ったものの、その後はレバノンの反撃に遭い失点がかさむ。それでも、要所を締めた日本は大量リードを維持し、最終スコア84-63で勝利を収めた。

川島悠翔がともにゲームハイとなる22得点14リバウンドを記録。八重樫が8本中4本の3ポイントシュートを成功させて12得点、坂本康成も2本の3ポイントシュートを含む12得点、ジェイコブス晶も10得点と4人が2桁得点を記録した。また、轟琉維は5得点に留まったものの、ゲームハイの7アシスト、3スティールと攻守で存在感を見せ、出場時の得失点差を表す数値は+22を記録した。

初戦に快勝した日本は本日、予選ラウンド2戦目でイランと対戦する。

U18男子日本代表12名
ジェイコブス晶(横浜ビー・コルセアーズU18)
マックニールキシャーン大河(Tokyo Samurai)
轟琉維(福岡第一高等学校 3年)
湧川颯斗(福岡大学附属大濠高等学校 3年)
境アリーム(開志国際高等学校 3年)
山田哲汰(白樺学園高等学校 3年)
小澤飛悠(中部大学第一高等学校 3年)
八重樫ショーン龍(仙台大学附属明成高等学校 3年)
坂本康成(中部大学第一高等学校 3年)
星川開聖(洛南高等学校 3年)
副島成翔(福岡大学附属大濠高等学校 3年)
川島悠翔(福岡大学附属大濠高等学校 2年)

RECOMMEND