ラトビアとの強化試合に臨むバスケ女子日本代表、恩塚亨ヘッドコーチの狙い「私たちが目指すスタイルや想いを表現できるように」

ラトビアとの強化試合に臨むバスケ女子日本代表、恩塚亨ヘッドコーチの狙い「私たちが目指すスタイルや想いを表現できるように」

2022/08/04 19:42
恩塚亨

WNBAでプレーしている町田もワールドカップ候補メンバーの一人

女子日本代表は8月11日、12日に仙台でラトビアとの国際強化試合『三井不動産カップ2022(宮城大会)』を行う。9月末にオーストラリアのシドニーで開催されるFIBA女子ワールドカップ2022へ向けた貴重な実戦を前に、恩塚亨ヘッドコーチがオンライン会見を行った。

「(ワールドカップ前に)日本でできる最後の試合であり、私たちが目指すバスケスタイルや想いを仙台でしっかり表現できるように準備をしています。選手選考の舞台でもありますが、ワールドカップに向けた大事な機会として、最善を尽くしたいと思っています」

冒頭でこのように意気込みを語った恩塚ヘッドコーチだが、現在の代表合宿に参加している15名に加え、ミスティックスの一員としてWNBAでプレーしている町田瑠唯も候補に入っていると明かした。一方で、同じく今回の15名に入っておらず、本来なら中心選手の林咲希に関しては、故障から「難しいかなというところで、可能性として間に合ったらうれしいです」と、厳しい見解を示している。

世界の強豪と比較すると、どうしてもサイズで劣る日本にとって3ポイントシュートはオフェンスで大きな比重を占める重要な武器だ。それだけに、日本随一の長距離砲であり、豊富な運動量でディフェンスでも激しいプレッシャーをかけられる林が欠場となると大きな痛手だ。ただ、指揮官は東藤なな子、吉田舞衣、平下愛佳の若手シューティングガード陣の成長に手応えを得ている。「彼女たちの3ポイントシュートの確率が確実に上がってきています。本人たちも(林の穴を埋める)そのつもりで、やってくれていると思います」

一方でコンディション調整もあって代表活動から離れていた渡嘉敷来夢が復帰したのは大きい。「あらためてバスケIQが高い印象です。スムーズに私たちのシステムに適応してくれており、プレー面では身体を張ってのリバウンドやペイント内の攻防でチームをリードしてくれています。そして一人ひとりとコミュニケーションを取って、マインド面でもチームに良い影響を与えてくれています」と、チームにもたらす存在感の大きさを強調している。

4月以降の女子代表の歩みを見ると、前回の強化試合である6月のトルコ戦までは、戦術の要となる原則をチームに落とし込み、それをベースに日本の強みを発揮することに取り組んでいた。そして現在は厳しいプレッシャーなど、より高い負荷がかかる状況でも選手たちそれぞれが自分の判断でアジャストし、チャンスを生み出せる力を強化している。その成果を仙台の地で、どのように見せてくれるのか来週まで楽しみに待ちたい。

コメントを残す

RECOMMEND