今シーズンのBリーグを制した宇都宮ブレックス、安齋竜三の後任として佐々宜央がヘッドコーチに就任

今シーズンのBリーグを制した宇都宮ブレックス、安齋竜三の後任として佐々宜央がヘッドコーチに就任

2022/06/28 14:07
佐々宜央

サポートコーチ、アシスタントコーチを経てヘッドコーチに

宇都宮ブレックスが佐々宜央のヘッドコーチ就任を発表した。

現在36歳の佐々は2009年に日立サンロッカーズ(現サンロッカーズ渋谷)でアシスタントコーチを務め、コーチングキャリアをスタートした。その後、2013-14シーズンから2015-16シーズンにリンク栃木ブレックス(現宇都宮ブレックス)でアシスタントコーチを務めると、2017-18シーズンに琉球ゴールデンキングスのヘッドコーチに就任した。そして、2020年にサポートコーチとして古巣に復帰し、今シーズンはアシスタントコーチとしてリーグ制覇に貢献した。

また、日本代表でのコーチ歴も長く、男子ワールドカップ2023アジア地区予選Window1、2ではトム・ホーバスの下でアシスタントコーチを務めた。宇都宮は6月30日に14栃木県庁にて佐々ヘッドコーチの就任会見を実施する予定だ。

なお、宇都宮はチェイス・フィーラーが佐賀バルーナーズに移籍することも発表している。

RECOMMEND