Bリーグ第7節の『BEST of TOUGH SHOT』、5つのスーパープレーを紹介

2016/11/10
Bリーグ&国内
130

第7節の『BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK』が発表された。選出された5つの得点シーンを振り返る。

第5位 桜木ジェイアール(三河vs滋賀)
外のシュートを警戒するディフェンスとの間合いが近いことを確認し、ドリブルでペイント内に侵入した桜木。滋賀のビッグマン、ジュリアン・マブンガとデイビッド・ウィーバーのヘルプディフェンスが挟みに来るのをモノともせずに、豪快なワンハンドダンクを叩き込んだ。

第4位 安藤誓哉(A東京vs秋田)
一度はA東京のザック・バランスキーにボールを弾かれてオフェンスを断ち切られるも、安藤はそのボールをフリースローライン付近で空中でキャッチし、そのまま難易度の高いシュートを沈めた。着地してからシュートを放っていたのでは24秒ショットクバイオレーションになっていた可能性があり、技術もさることながら状況判断力にも脱帽だ。

第3位 川村卓也(横浜vs川崎)
3ポイントシュートを警戒する長谷川技をシュートフェイクでタイミングを外しドライブイン。篠山竜青がヘルプディフェンスに来たことを確認して、ジャンプシュートを選択。抜き去った長谷川に後ろからファールを受けながら沈めた3点プレーとなるバスケット・カウント。

第2位 岡田優介(京都vs名古屋D)
名古屋との延長戦、2点リードで迎えた残り20秒。ショットクロック残り4秒でボールを受けた岡田は、強引にドライブを仕掛ける。ディフェンスを抜ききれない上に、ジャスティン・バーレルがブロックを狙ってもいた。だが、岡田はそれらすべてを理解した上でボールを放り投げてフローター気味のレイアップシュートを狙う。文字どおりの超タフショットが決まり、京都が延長戦を制した。

第1位 エグゼビア・ギブソン(琉球vs大阪)
第4クォーター残り3.9秒、1点ビハインドの状況。3ポイントラインのトップの位置でボールを受けたギブソンは、その時点でドライブ一択。迷いなくドリブルを突き、力強く踏み込んで放った打点の高いレイアップがラモント・ハミルトンのブロックの上を通過しリングを通過。残り1秒の逆転劇を演出した。