3人制バスケ『3x3』をメジャーにするため再び真剣勝負に挑む元Wリーグ選手たち

2018/10/17
Bリーグ&国内
2065

3x3

文・写真=泉誠一

オリンピック出場を本気で目指す矢野良子が作った『3W』

ジャパンエナジー(現JX-ENEOS)サンフラワーズで4連覇、移籍した富士通レッドウェーブでもリーグ制覇に貢献。2チームでプレーオフMVPを獲得した唯一の存在。Wリーグ通算得6641点、2917リバウンドは歴代1位。女子バスケの最高峰「Wリーグ」を牽引してきた矢野良子は、20年目の2016-17シーズンを最後にトップリーグのコートを退いた。しかし、引退したわけではない。

Wリーグを去った年に、東京オリンピックでの新種目として採用された3人制バスケ「3x3」への転向を決めた。5人制で2004年アテネオリンピックの出場経験を持つ矢野は、あのまばゆい大舞台にもう一度立つため、ストイックな取り組みを続けている。しかし新種目ゆえに、Wリーグのような恵まれた環境にはほど遠く、試合数も限られているのが現状だ。今夏、3x3女子プロリーグ『3x3.EXE PREMIER』がスタートしたが、全6回の開催はすでに終わっている。

オリンピックまで2年を切った。高く掲げた目標へ向け、どれほどの覚悟と準備をしなければいけないかも身をもって経験してきたからこそ「時間がない」という危機感を感じていた。試合環境がないならば、自ら作れば良いと行動に移したことこそが、オリンピックへの本気度がうかがえる。現状を訴えながらスポンサーや協力者を募り、新たに立ち上げた女子3x3リーグが『3W』(トリプルダブル)だ。会場の手配から運営スタッフの確保などもすべて矢野自身が行い、試合当日はコートに立ってオリンピックレベルのパフォーマンスを披露しながら切磋琢磨している。

開幕戦はトレッサ横浜、第2戦は渋谷ストリームと商業施設で『3W』は開催された。何気なく訪れた人々は足を止め、関心を示す。「おっ、バスケ!」「あの人、大きくない?」「真剣勝負?」「へぇー、オリンピック種目になるんだあ」など様々な声が聞こえ、3x3認知向上にも一役買っている。第3戦は10月20日(土)、昭和記念公園(東京都立川市)で行われる肉フェスとコラボ開催。さらに多くの人々にその魅力と彼女の覚悟を伝えていく。

3x3

世界2位となった若い選手たちに突きつけられた現実

『3W』には矢野以外にも元Wリーグ選手や3x3女子日本代表経験者がいる。参戦する選手たちも、矢野と同じ目標を持って臨んでいるのだろうか?

第2戦を制したSHONAN SUNSの本田雅衣は、今年から3x3を始めたばかり。当初は「全く知らない状態」だった。JOMO(現JX-ENEOS)サンフラワーズや東京羽田ヴィッキーズで活躍し、2015-16シーズンに引退した本田も元Wリーグ選手である。率直に東京オリンピックについて聞けば、「やっているからには頑張りたいです」とは言うものの、歯切れは悪い。

トヨタ自動車で矢野とチームメートだった小池真理子(SANKAK)は「Wリーグを引退してから5年が経ち、30歳になってからまた本格的に復帰することに正直言って迷いはありました」と話す。少しずつ3x3に慣れてきたが、Wリーグの時とは違って仕事が優先となる現状に対し、「まだ自分の感覚として(オリンピックを目指す)そのレベルには達していないと感じています」と気持ちとコンディションを作るための時間の確保に苦労している。

先日、3x3女子U-23日本代表が世界2位という結果を出したことも少なからず影響していた。U-23ワールドカップへ向けた直前合宿で練習相手をしていた3x3日本代表候補の浅羽麻子(Space Ball Mag)は「全く歯が立たず、バスケ人生の中で一番打ちのめされた経験になりました」と大きな壁を感じている。「オリンピックを目指せるかもしれないとちょっと思っていましたが、あの試合を見たら心が折れました」という小池は現実を突きつけられた。

3x3

小池真理子「3x3をメジャーにするために力になれれば」

それでも彼女たちは3x3という新たな居場所に対し、大きな使命感を抱いている。小池は「日本の3x3をメジャーにするために少しでも力になれればと思って始めました」というのが復帰した動機である。「もっと3x3を盛り上げていきたいですし、そのための力になりたいです」という本田は、SHONAN SUNSとして子どもたちや地域の方々に3x3の魅力を伝える活動にも積極的だ。U-23日本代表を相手に打ちひしがれた浅羽だが、「日本代表の強化の中でWリーグの選手たちとも一緒に競争できる立場でいられるようにしたい」と努力を続けている。

試合を重ねるごとに、負けず嫌いなアスリートの感覚を呼び覚ますとともに、すっかり3x3の魅力に引き込まれている。「観客との距離がすごく近いので、応援がそのまま伝わってきて私たちの力になっています。そこが魅力的です」(本田)。「私の身長(178cm)だと、やり方次第では長所を生かせる競技だと思っています。5人制では走り負けることもありましたが、3x3では高さが生かせることとスペースが広いので3Pシュート(3x3では2点)も打ちやすく、そこは狙っています」(小池)

本気で取り組み始めたからこそ、軽々しくオリンピックを口には出せない。それもアスリートとしてその厳しさを重々味わってきたからだ。

2020年に向かって、3x3は猛ダッシュし始めている。しかし、ストリートボールリーグSOMECITYの運営にも携わっている浅羽は、冷静にオリンピック後のことを危惧している。「2020年を目標にみんなが頑張っていますが、オリンピックが終わってしまったら廃れてしまうのかなという危機感を持っています。現状を考えても、継続していくには難しいところもあります。SOMECITYに携わっていると、バスケを文化にしていくことが大事だと思っています。オリンピック後もさらに盛り上がっていけるように考えていきたいです」

ヨチヨチ歩きの3x3を2年間で成長させ、独り立ちできるように選手自身が取り組む『3W』。オリンピック出場を目指す矢野のためであるとともに、オリンピアンを生み出す場所としても期待している。