大勝利にも浮かれないジェイソン・テイタム「次も絶対に勝たないといけないという気持ちでやらないといけない」

大勝利にも浮かれないジェイソン・テイタム「次も絶対に勝たないといけないという気持ちでやらないといけない」

2022/05/25 09:00
ジェイソン・テイタム

「特にプレーオフの試合では、アクセルを緩めるわけにはいかない」

セルティックスは、現地5月23日にTDガーデンで行われたヒートとのプレーオフ東カンファレンスファイナル第4戦に102-82で勝利した。

前半から積極的な守備でヒートに付け入る隙を与えなかったセルティックスは、後半も集中力を保って鉄壁の守備を崩さず快勝し、シリーズ戦績を2勝2敗のイーブンに戻した。

31得点8リバウンド5アシスト2ブロックで勝利に貢献したジェイソン・テイタムは「危機感を持って試合に臨んだ」と試合後の会見で語った。「危機感を持つことが重要だった。試合開始から試合終了まで、攻守両面で危機感を持たないといけない。もちろん、前の試合より大分良い形で試合に入れたよ」

試合開始から18-1という強烈なパンチを見舞ったセルティックスだったが、テイタムは「アクセルを緩めるわけにはいかない」とプレーオフでの戦いについて言う。

「プレーオフは長い。それに相手は強豪だ。いつかの試合で自分たちも21点のビハインドを背負ったけど、最終的に1点差まで追い上げた。試合終了のブザーが鳴るまで気を抜くわけにはいかない。相手は第4クォーターになって3ポイントシュートを決め始めていた。特にプレーオフの試合では、アクセルを緩めるわけにはいかないんだ」

これでイーブンとなったシリーズは、再びマイアミに戻って第5戦が行われる。テイタムは「今日のようにプレーしないといけない」と話した。「これで2-2になったので、残り3試合は新たなシリーズのような気持ち。先に2勝した方が勝つ。とは言え人間だから、試合に勝てば少しは気を緩めてしまうかもしれない。でも、負けた翌日は、次の試合は生きるか死ぬか、という気持ちになる。そのおかげで今日のようなプレーができた。第5戦にも今日と同じ気持ちで臨まないといけない。絶対に勝たないといけないという気持ちでやらないといけない」

RECOMMEND