セルティックスが3連勝でシリーズ突破に王手、ジェイソン・テイタム「ウチよりハードにプレーするチームはいない」

セルティックスが3連勝でシリーズ突破に王手、ジェイソン・テイタム「ウチよりハードにプレーするチームはいない」

2022/04/24 15:09
ジェイソン・テイタム

「全員が同じ気持ちでやらないといけない」

現地4月23日に行われたプレーオフファーストラウンド、セルティックスvsネッツの第3戦は、ジェイソン・テイタムが39得点、ジェイレン・ブラウンが23得点を記録し、セルティックスが109-103で勝利した。

ヘッドコーチのイメイ・ユドカが「これまでと同様に相手にタフなプレーを強いる」と試合後に語ったように、セルティックスは積極的なディフェンスでネッツの得点源であるケビン・デュラントとカイリー・アービングをそれぞれ16得点に抑え、試合を有利に進めた。

デュラントとのマッチアップについて、テイタムは「ゲームプラン通りにやっているだけ。自分たちの目標を成し遂げる上で一番大事なのは、全員が同じ方向を向いて取り組むこと」と答えた。そしてテイタムは、試合中チームメートに伝えているメッセージについても触れた。

「チーム全員が競い合っている。試合中、特に終盤にチームメートに伝えていることだけど、ウチよりハードにプレーするチームはいない。それが僕からのメッセージ。誰がコートに立っていても、その意識を持ってプレーしてもらいたい。ウチはこのリーグで一番ハードにプレーしているチームだ。(マーカス)スマートがボールに飛びつくようなプレーをしてくれるけど、全員が同じ気持ちでやらないといけない。同じ方向を向いて、できるだけハードにプレーしないといけないんだ」

シリーズ開幕前は有利と思われていたネッツだが、3連敗であとがない状況に追い詰められた。デュラントは「適切なプレーができていないから負けている」と語った。「第2戦まではアグレッシブにやりすぎていた。試合映像を見直したら、チームメートがオープンだったし、彼らはシュートを決めていた。今日の試合ではチームメートを生かして自分もプレーしようと心がけたし、良い流れを作れていたと感じた。これまではアグレッシブにやりすぎていて、結果的にターンオーバーになってしまった場面もあった。試合に対するアプローチについて考えすぎていたのかもしれない。まだ試合は残っているから、次の試合を楽しみにしている」

第4戦には2月のトレードで加入したベン・シモンズが出場するという噂もある。指揮官のスティーブ・ナッシュは、現地23日にシモンズが3対3の練習を行ったと明かしたが、次戦での起用に関しては明言を避けた。「先々を見据えないといけないし、体調に関して彼がどう感じているのか、環境に適応できるかどうかも考えないといけない。レギュラーシーズン中盤の試合に出場するのとは状況が異なる」

RECOMMEND