キャリア初のオールスター選出となったジャ・モラントが球団記録を達成「今までと変わらず試合に勝てるように努力した」

キャリア初のオールスター選出となったジャ・モラントが球団記録を達成「今までと変わらず試合に勝てるように努力した」

2022/01/29 18:30
ジャ・モラント

「家族と一緒にオールスター発表の瞬間を味わいたかった」

現地1月28日に行われたジャズvsグリズリーズの一戦は、ジャ・モラントがキャリア4回目のトリプル・ダブル(30得点10リバウンド10アシスト)、ブランドン・クラークがベンチから22得点、ジャレン・ジャクソンJr.が18得点に加えてシーズンハイに並ぶ6ブロック、デズモンド・ベインが17得点を記録し、ホームのグリズリーズが119-109で勝利した。

前半から徐々にリードを広げたグリズリーズに対して、ジャズは第4クォーター終盤に4点差(101-105)に迫ったものの、ドノバン・ミッチェル(脳震盪)とルディ・ゴベア(左ふくらはぎ)不在の影響は大きく、あと一歩及ばなかった。その後グリズリーズは再びリードを2桁まで拡大して勝負を決めた。

前日、オールスターに初選出されたモラントは、会場入りすると球団職員、チームスタッフから祝福された。そして試合が始まるとホームのファンがオールスター先発選出を拍手と歓声で称えるシーンも見られた。さらに、モラントはこの試合で球団史上最多得点でのトリプル・ダブルを達成し、キャリア初の栄誉に華を添えた。

試合後の会見でもオールスター選出に関する質問が大半を占め、モラントは「ファンのみんなにもお祝いしてもらえていたのはなんとなく分かっていたけど、試合の入り方が良くなかったし、レイアップを外したりしていたから試合に完全に集中していたんだ。もちろんファンのみんなにも感謝しているけど、試合に勝つためにプレーに集中しないといけなかった。悪いことをしてしまったね」と、あくまで試合でのプレーの出来に意識を向けていた。

オールスター発表の瞬間を祖母と一緒に過ごしたという彼は「本当にうれしかったし、自分にとって必要なことだった」と語った。「今は大変な時期だけど、家族と一緒にオールスター発表の瞬間を味わいたかった。球団の理解もあって、それがかなった。チームに合流してからはオールスター発表前と変わらず自分の力を証明することに集中していたよ。これまでと変わらず、試合に勝てるように努力した」

「トリプル・ダブルは勝つために必要なことだった。良い夜になったよ」

RECOMMEND