バスケ日本代表の活動に完全密着する『INSIDE AKATSUKI』、赤穂ひまわりは「年々成長している」と周囲の大絶賛を集める

2022/01/25 22:40

『INSIDE AKATSUKI』は、日本代表スタッフが収録した、バスケットボール日本代表の選手たちの『ありのままの姿』を見ることができる映像コンテンツ。今シリーズでは、女子ワールドカップ予選に向かう女子日本代表の裏側を連日伝えている。

2月10日(木)にカナダ、12日(土)にベラルーシ、13日(日)にボスニア・ヘルツェゴビナと強豪国との対戦に向けて、日本代表はナショナルトレーニングセンターで強化合宿を行い、チーム作りを進めている。恩塚亨ヘッドコーチはミーティングで『効率よく期待値の高いプレー』を掲げ、「手応えとか自信をさらに深めていくつもりでトレーニングしていけたらいい」と語る。

この日にクローズアップされたのは赤穂ひまわり。2019年に日本代表の主力に定着した赤穂はアジアカップで自信を付け、コロナ禍で代表活動がままならなかった2020年を経て1年遅れのオリンピックイヤーとなった昨年には、日本代表が誇るオールラウンダーとして攻守に大活躍。昨年秋のアジアカップではチームの大会5連覇に貢献するとともに、MVPも受賞した。

デンソーアイリスでもチームメートの髙田真希は、ひまわりについて「年々成長しているので、自分より若いですけど見習うところはたくさんありますし、刺激ももらっている」と最大級の褒め言葉を送っている。

まだ23歳の彼女は若手の部類に入るが、世界と渡り合いながら世代交代の進む日本代表においては、この世代が最も勢いがあると言っても過言ではない。ひまわりは口数の多くないタイプだが、同期の𠮷田麻衣、馬瓜ステファニー、オコエ桃仁花と一緒になって『素』が出てくるのも『INSIDE AKATSUKI』ならではのシーンだ。

長く厳しい合宿の中、ひまわりは「身体はバキバキです」と大変そうだ。それでも日本屈指の2ウェイプレーヤーとしての評価を確立した今も「何でもできるようになりたい」と高い目標を掲げている。今回のワールドカップ予選でも見られるであろう、彼女の新たな成長に注目したい。

バスケットボール日本代表公式Twitter
https://twitter.com/JAPAN_JBA
日本バスケットボール協会(JBA)公式Twitter
https://twitter.com/JAPANBASKETBALL
日本バスケットボール協会(JBA)公式Instagram
https://www.instagram.com/japan_basketball/
日本バスケットボール協会(JBA)公式TikTok
https://www.tiktok.com/@jba_official
日本バスケットボール協会(JBA)公式LINE
https://page.line.me/japanbasketball
日本バスケットボール協会(JBA)公式Facebook
https://www.facebook.com/JAPANBASKETBALL

RECOMMEND