所属選手1名に新型コロナウイルス陽性者が出た島根スサノオマジック、第17節の琉球戦と第18節の三遠戦が中止に

所属選手1名に新型コロナウイルス陽性者が出た島根スサノオマジック、第17節の琉球戦と第18節の三遠戦が中止に

2022/01/13 17:02
Bリーグ

選手およびスタッフ25名が濃厚接触者に該当

島根スサノオマジックは選手1名(選手A)が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。

対戦相手所属選手の新型コロナウイルス感染症陽性判定の発表を受け、アウェー戦に帯同した選手およびスタッフ全員のPCR検査を実施した結果、選手Aが新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けた。選手Aは1月9日の抗原検査では陰性判定だったが、1月11日に喉の痛みが生じ、翌12日には発熱(37.6℃)の症状が出たという。また、管轄の保健所による調査の結果、選手・スタッフ計25名が濃厚接触者に該当した。

そして「B1・B2リーグ戦試合実施要項 第6条第3項第3号」に規定する試合エントリー要件を充足できず、「Bリーグ規約 第55条第2項第2号」に則り、1月22日および23日開催のB1第17節、琉球ゴールデンキングス戦が中止となった。

また、試合エントリー要件は充足しうるものの、1月24日までの行動制限が課されていることから「Bリーグ規約 第55条第2項第4号」に則り、1月26日のB1第18節、三遠ネオフェニックス戦も中止となった。

なお、現時点で代替試合の実施は未定だという。

RECOMMEND