京都ハンナリーズが緊急会見を実施、窃盗容疑で逮捕された坂東拓との契約を解除

2018/09/06
Bリーグ&国内
5668

坂東拓

写真=B.LEAGUE

知人女性の財布から現金を抜き取る窃盗容疑で逮捕

京都ハンナリーズに所属する坂東拓が、窃盗の容疑で8月30日に現行犯逮捕され、翌31日再逮捕された事件で、クラブは昨日、記者会見を行い、髙田典彦社長があらためて謝罪した。

さらに坂東への処分を発表。Bリーグ選手契約統一契約書の「第1条 誠実義務」の違反、ならび「第9条第3号 刑罰法規に抵触する行為を行なった」「第9条第7号 クラブの秩序風紀を著しく乱した」として、9月4日付けで選手契約を解除した。

また会見の席で髙田社長は再発防止、クラブの規律を立て直す意志をこう語っている。

「先般、弊クラブ所属永吉選手の不祥事があり、世間をお騒がせしてから時間が経ってない中での不祥事の発生は、クラブの管理監督責任を重く受けており、今回の処分を決定いたしました。再発防止策をしっかり策定し、その策がいずれも行うことが目的にならないよう、選手・スタッフ・職員個々人としっかり向き合い、各人の実情などをしっかりと把握した上で、こうしたことが再発しないよう再発防止に努める覚悟でございます」

「私は選手・スタッフ・職員らに対し『バスケットボール選手である前にまず一人の社会人であろう。そして子どもたちが憧れる選手、クラブになっていこう』と伝えておりますが、改めて選手・スタッフ・職員にはこのことを繰り返し伝えていきます。我々は「バスケを京都の文化に」をテーマに活動するクラブです。この言葉の重みを十分に理解し、実践することが大切だと考え、一人一人としっかり向き合い、二度とこのようなことが起こらないよう、皆様にお約束する次第です」

また管理監督責任者の処分として、髙田社長は役員報酬の20%を3カ月、また強化編成担当部長の阿部達也、浜口炎ヘッドコーチがそれぞれ報酬の10%を2カ月、という減俸も発表した。

そして京都はブースターと直接対話する機会として、9月14日にブースターミーティングを緊急開催する。ここでも髙田社長から一連の不祥事についての説明が行われる予定となっている。