オリンピック4連覇達成の男子アメリカ代表、安堵するドリュー・ホリデー「優勝を期待されたチームだからこそ達成感がある」

オリンピック4連覇達成の男子アメリカ代表、安堵するドリュー・ホリデー「優勝を期待されたチームだからこそ達成感がある」

2021/08/07 19:46
ドリュー・ホリデー

グリーンも認める貢献度「ホリデーの守備なくして優勝はなかった」

ドリュー・ホリデーはミルウォーキーでの優勝パレードに参加した後、すぐに東京へと飛んだ。到着したのは7月24日の深夜で、チームの宿舎に到着したのは7月25日に日付が変わった後。グループリーグ初戦のフランス戦が行われたのはその日で、76-83で敗れたこの試合にホリデーはベンチスタートながら28分出場している。

アメリカ代表は初戦を落としたが、その後は試合を重ねるごとに、苦労しながらもチームとしての完成度を高めていった。完全な『ぶっつけ本番』で大会を迎えたホリデーがメインのポイントガードとして平均25.6分をプレーしたことは、トレーニングキャンプとテストマッチがさほど重要ではなかったことを意味する。だが、攻守両面でのレベルの高さと、チームメートの個の能力を即興でも最大限に引き出すゲームメークは、ホリデーならではのもの。準決勝のオーストラリア戦では29分、フランスとの再戦となった決勝では30分と、タレント集団を束ねるポイントガードとしてホリデーの存在感は絶大だった。

東京オリンピックのアメリカ代表は、ケビン・デュラントのチームとして記憶されるだろう。だが、同じぐらい替えが効かなかったのはホリデーだった。決勝を終えた会見にデュラントとともに参加したドレイモンド・グリーンは「ホリデーの守備なくして優勝はなかった。彼のディフェンスがあってこそ、KD(デュラント)のような選手の得点力も生きるんだ」と語っている。

彼とクリス・ミドルトンだけが、負けを経験することなくNBAとオリンピックの両方を終えた。ただ、オリンピックでホリデーの原動力となったのは怒りだった。ホリデーはフランス代表へのリベンジの気持ちを原動力にし、同じチームに二度と負けないことだけを考えていた。「フランスとまた戦いたかった。大会を通じて練り上げたチームで、金メダルを争いたかった」とホリデーは言う。

「到着した日の夜にフランスと対戦して負けた。全員一緒にプレーする最初の機会がフランス戦で、そこから毎日の練習でチーム力を高めてきた。プレーの質だけじゃなく、仲間意識も高めてきた。リベンジするにはファイナルで勝つしかない。(エバン)フォーニエに30得点近くやられるのはあれが最後だと自分に言い聞かせていたし、(ルディ)ゴベアにももうやらせないと誓っていた。言い訳のできない試合で、絶対にやってやるつもりだった」

バックスのポイントガードとしてNBA初優勝を決めたのは日本時間の7月21日。ホリデーはその17日後にオリンピックの金メダルも獲得したことになる。「激動すぎる3週間だよ」とホリデーは苦笑しつつ、こう続けた。「喜びと安堵の気持ちが入り混じっているけど、どちらかと言えばこれは安堵だと思う。優勝を期待されたチームだからこそ、それを果たした達成感がある」

決して派手なプレースタイルではない。だが、マッチアップした相手は必ずホリデーのディフェンスに手を焼くし、味方になればこれほど頼りになる存在はいない。2つのビッグタイトルを手にしたホリデーは、キャリアの絶頂期を迎えた。

RECOMMEND