リーグ最強のリムプロテクター、ルディ・ゴベアはジャンプシュートを猛特訓中

2018/08/11
NBA&海外
4779

ルディ・ゴベア

写真=Getty Images

『ストレッチ5』化し、オフェンスに厚みを

腕利きシューターを集め、3ポイントシュート全盛の時代をNBAにもたらしたウォリアーズの影響からか、ここ数年でジャンプシュートを武器にするセンターの数も増加傾向にある。

この夏には、ピストンズのアンドレ・ドラモンドも3ポイントシュート習得に向けて特訓中で、2018-19シーズンには『ストレッチ5』に化けるかもしれない。もちろん、同じことを考えているセンターは他にもいる。その一人がジャズのルディ・ゴベアで、ミドルレンジからのシュートをモノにするため、日々努力を重ねている。チームメートのドノバン・ミッチェルが、キャッチ・アンド・シュートを練習するゴベアの姿を、Instagramのストーリーに投稿した。

ゴベアば昨シーズンの最優秀守備選手賞に選出された選手で、言うまでもなく守備はNBAトップクラスだ。しかし、同じポジションのアンソニー・デイビス、デマーカス・カズンズ、ジョエル・エンビードらと比較すると、彼はオフェンスでインパクトを残せる選手ではない。ペイント内でこそ抜群の強さを発揮するものの、昨シーズン中ペイントの外から放ったシュートはわずか12本で、成功数は5本だった。

もしゴベアがミッドレンジからも正確にシュートを決められるようになれば、対戦相手の対応も変わらざるを得なくなる。ゴベアのジャンプシュートを警戒する相手のセンターをペイントの外に引っ張り出すことで、ミッチェルがアタックするスペースも広がるだけでなく、昨シーズンにチーム最多となる1試合平均3.2本の3ポイントシュートを成功させたジョー・イングルズのアウトサイドシュートの威力も増すはずだ。

ここ2シーズン続けてリーグ最少失点を記録した鉄壁のジャズが、フィールドゴール成功数で昨シーズン26位(3139)に低迷したオフェンスをレベルアップさせられれば、ウォリアーズ、ロケッツらハイスコアリングチームとも点の取り合いで互角に戦えるようになるかもしれない。

ゴベアがシューターとして開花するかどうかも、西カンファレンスの争いを左右する一つのポイントになりそうだ。