4月14日に中止となったアルバルク東京vs川崎ブレイブサンダース戦は、代替試合の開催に至らず消滅扱いに

4月14日に中止となったアルバルク東京vs川崎ブレイブサンダース戦は、代替試合の開催に至らず消滅扱いに

2021/04/14 12:38
アルバルク東京

すでに発表済みの4月3日、4日の新潟戦を含め3試合が消滅

アルバルク東京は今日、中止となった4月14日(水)の川崎ブレイブサンダース戦(第33節)が、消滅扱いとなったことを発表した。

A東京は3月31日にデション・トーマスが新型コロナウイルス陽性判定を受け、12名の選手が濃厚接触者判定と判定された結果、試合中止が相次いでいた。すでに4試合分の代替試合開催は決定していたが、4月14日(水)の川崎戦については、リーグ規定の代替試合実施ルールに基づいて調整を行ったものの、試合開催には至らず消滅扱いとなった。

RECOMMEND