琉球ゴールデンキングスが4月10日と11日のシーホース三河戦の中止を発表、沖縄アリーナでの初ホームゲームはお預けに

琉球ゴールデンキングスが4月10日と11日のシーホース三河戦の中止を発表、沖縄アリーナでの初ホームゲームはお預けに

2021/04/01 12:48
琉球ゴールデンキングス

三河の選手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことで中止が決定

琉球ゴールデンキングスは今日、ホームで予定されていた4月10日と11日のシーホース三河戦の中止を発表した。この試合は新たにできた沖縄アリーナで開催される初めてのホームゲームだった。

三河は3月26日に選手3名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表していたが、3月31日に新たに2名の選手が医療機関の検査により新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。これを受けて、来週の琉球vs三河の中止が決定した。

琉球にとっては沖縄アリーナでの初試合が中止となったが、クラブは「今だからこそできること」に取り組んでいくという。そして、沖縄アリーナの開場を楽しみにしていたファンのために、代替イベントを4月11日に開催する方向で検討しているとのこと。

コメントを残す

RECOMMEND