渡邊雄太がワンポイント起用に応えて3ポイントシュート成功も、ラプターズはブザービーターで悔しい逆転負け

渡邊雄太がワンポイント起用に応えて3ポイントシュート成功も、ラプターズはブザービーターで悔しい逆転負け

2021/03/12 15:07
渡邊雄太

繋ぎ役としては最高のパフォーマンス、出場時の得失点差は+13

NBAはレギュラーシーズン後半戦を迎え、ラプターズがホームにホークスを迎えた。

パスカル・シアカム、フレッド・バンブリートが欠場と苦しい布陣となったラプターズは序盤から劣勢を強いられた。チームハイの33得点を挙げたノーマン・パウエルが孤軍奮闘するも、トレイ・ヤングの巧みなプレーを止められず、セカンドユニットも好調なホークスの前に、第2クォーター開始3分で17点のビハインドを背負った。

しかし、このタイミングで渡邊雄太がコートに入ると、試合の流れが一変した。渡邊は出場するやいなや、パウエルのキックアウトを受け、コーナーからの3ポイントシュートを成功させた。これで悪い流れを断ち切ったチームは攻守ともに活性化し、10-0のランで一気に点差を縮める。渡邊はその後もハードワークを貫き、自ら積極的にドライブを仕掛けてファウルを誘発したタイミングでベンチへと下がった。約3分というワンポイント起用となったが、3ポイントシュートを沈めて流れを変えるなど、繋ぎ役としては最高のパフォーマンスを見せた。

良い流れを継続したラプターズはクリス・ブーシェイやカイル・ラウリーの活躍で第3クォーター中盤に逆転。リードを保ち最終クォーターを迎えた。残り時間9分52秒、5点リードの場面で渡邊が再びコートに。渡邊は良いポジションを取りつつ、オフェンスに絡む機会をうかがった。そして、ラウリーのドライブに合わせてペイントエリアでボールを受けると、そのままシュートに持ち込んだが、ジョン・コリンズのブロックに阻まれてしまった。それでも、安定したパフォーマンスでリードを保ち、終盤を味方に託した。

残り6分で最大15点のリードを得たラプターズだったが、ヤングやケビン・ハーターを中心とするホークスの猛反撃を食らい、残り1分を切って2点差まで迫られた。そして残り7秒、トニー・スネルにブザービーターを決められ120-121と勝利を逃した。

渡邊は8分間の出場でフィールドゴール2本中1本成功の3得点を記録。大きなインパクトを残したわけではないが、出場時の得失点差は+13とチームが機能していたことが分かる。悔しい敗戦となったが、渡邊にとっては信頼を得た試合と言える。

RECOMMEND