ウインターカップ6日目が終了、女子は桜花学園が連覇を達成、男子は東山と仙台大学附属明成が決勝進出

ウインターカップ6日目が終了、女子は桜花学園が連覇を達成、男子は東山と仙台大学附属明成が決勝進出

2020/12/28 21:07
ウインターカップ

明日の大会最終日は男子決勝戦のみ

ウインターカップ6日目。女子の決勝戦と男子の準決勝2試合が行われた。

女子の決勝は桜花学園vs東京成徳大学となり、186cmのオコンクウォ・スーザン・アマカと185cmの朝比奈あずさがゴール下を支配。東京成徳大学もディフェンスで我慢して食らいついたが、89-65で桜花学園が勝利し、2年連続23回目のウインターカップ優勝を果たした。男子は東山が京都対決を制し、仙台大学附属明成は昨日の福岡第一戦と同様に終盤までもつれる接戦となったが勝利し、決勝へと駒を進めた。

6日目の結果(女子)
桜花学園89-65東京成徳大学

(男子)
洛南67-87東山
北陸58-60仙台大学附属明成

RECOMMEND