名古屋ダイヤモンドドルフィンズの『真のエース』へ、安藤周人の変化「逃げずに自分が打つ姿勢を見せたい」

名古屋ダイヤモンドドルフィンズの『真のエース』へ、安藤周人の変化「逃げずに自分が打つ姿勢を見せたい」

2020/10/03
安藤周人

名古屋ダイヤモンドドルフィンズの安藤周人は昨夏に日本代表としてワールドカップに出場し、その後は所属チームでもエースとしての活躍を求められた。しかし、彼自身は周囲の期待に対して「自分のメンタル的にも追いついていませんでした」と正直に明かす。今オフにチームは大型補強を行い、同ポジションにはピュアシューターの狩野祐介が加入。安藤はこれに刺激を受け、「僕のスタイルを変えるチャンスだと思った」と語る。そんな彼にエースとしての覚悟、新シーズンへの意気込みを語ってもらった。

「2ポイントとアシストを伸ばしていきたい」

──プレシーズンゲームを見ましたが、昨シーズンよりもかなり走っている印象を受けました。

そうですね。このオフはかなり走り込みをしたので足腰は強くなったし、昨シーズンよりも走れていると思います。ただ、チームとしては外国籍選手2人が同時にコートに立つシチュエーションが少なかったので、まだ探り探り走っている部分はあります。

──間もなく開幕を迎えますが、現在のチームの雰囲気やチーム内競争はどうですか?

チーム的にはかなりバチバチにやっていますね。昨シーズンに比べてインテンシティもすごく上がっていますし、祐介さんがキャプテンシーを発揮してくれて練習内容が良くない時も声掛けをしてくれたり、的確な指示をくれるので良い練習ができています。

──狩野選手は安藤選手と同じシューターです。自身のプレータイムが奪われるという不安はありませんか?

それよりも僕自身の考えが変わりました。別に3ポイントシュートを打たなくてもいいのでは、と思うようになりましたし、僕よりもシュートが入る選手がいるのならその選手を優先した方がチームは勝てますよね。逆に言うと、僕のスタイルを変えるチャンスだと思ったんです。今まで3ポイントシュートの数は多かったけど、2ポイントとアシストが少なかったので、今シーズンはそこを伸ばしていきたいと思っています。

今までは3ポイントシュートを決めたいとか、確率の話をしていましたが、それだけじゃ勝てないことが分かりました。今までのキャリアを見ても、3ポイントシュートのスタッツしか伸びていなくて、「チームを勝たせるために3ポイントだけで良いのか?」という考えになりました。アシストを増やしてチームの得点を増やすことや、リバウンド一つでもチームにとっては変化だと思います。前々から思っていましたけど、祐介さんが入ってくれたことが自分が変わるきっかけになりましたね。

──タラレバではありますが狩野選手が移籍して来なかったら、そこまで踏み切れなかったですか?

同じようなことは言っていたとは思います。ただ、今までは外から打てる選手は多いけどピュアシューターはいなかったので、その役割を自分が担い、それによってマークされてタフショットが増えて確率が悪くなっていました。そういったことも踏まえてこの長いオフ期間にはいろいろと考えていた上で、祐介さんが加入することになって踏み切ることができました。それにシュートが入る選手が打った方がチームの安定感に繋がるので、そこはチームを優先するべきだと思っています。

安藤周人

「この1本を預ければ得点を取ってくれる、という選手になりたい」

──3ポイントシュート以外のプレーへのシフトチェンジは意外な答えでした。

エースとはチームを勝たせられる選手だと思っているので、エースだからと言ってすべてで1番にならなきゃいけないわけではないと思っています。もしかしたら周りからは、シューターとして祐介さんとのチーム内競争に勝たないといけない、と思われているかもしれません。でも、僕はそんなところで張り合う必要はないと思うし、エースだったらエースらしく違うところで貢献する部分はたくさんあります。僕は「この1本を預ければ得点を取ってくれる」という選手になりたいので、そこは3ポイントよりも他のプレーでエースという風格を見せられたら良いなと思っています。

──昨シーズンはまだ『エースとしての自覚』が持てていないと言っていました。今は、その自覚を持てていますか?

昨シーズンはいろいろなことがありすぎて、自分のメンタル的にも追いついていませんでした。準備期間もなければ余裕もなかったですし、周りから「エースだ」なんて言われても、僕自身はまだ自信を持てていなくて。ただ、この半年間は強制的でしたけど、一度バスケットから離れて気持ちもリセットできたので、今シーズンはエースとしての自覚を持ってプレーできると思います。それこそ昨シーズンはどこかで逃げる自分がいましたが、今シーズンは逃げずに最後は自分が打つ姿勢を見せていきたいです。

──では、プレー面でこのオフに重点的に取り組んだことはありますか?

一番力を入れたところはパスの部分で、一つひとつを丁寧にするように練習してきました。昨シーズンはピック&ロールからのパスでターンオーバーをしてしまったことがあったので、そういう部分をなくしていきたいです。あとはドリブルの強さとか、そういった細かな部分に力を入れてきました。

──このオフにチームが大型補強を行ったことで「これで勝てなかったら」というプレッシャーはありませんか?

ちゃんと自分たちのバスケができれば勝てると思っているので、プレッシャーはそんなにないですね。今まではどこかで気が抜けてしまう時がありましたけど、そういう部分はなくさないといけません。今はちょっとしたズレをなくすためのコミュニケーションもしっかり取っているので、そういった部分は昨シーズンに比べて良くなっていると思います。

──今までの名古屋Dは、あと一歩が抜け出せなくて勝ち切れないイメージです。その原因は今挙げた「ちょっとしたズレ」と関係するのでしょうか?

そうですね。小さなズレが生まれても、ズレの原因を未解決のままにしている状態でした。その小さいズレがどんどん積み重なって、いろいろなところで問題が起きてしまって噛み合わなくなったり。ケガ人も毎シーズン多くて、そういうところでもいろいろなズレができてしまって、もう自分たちでは修正できなくなってしまう。ただ、今シーズンはコミュニケーションをしっかりと取って、そのズレを直す努力をしているので、そこは変わったと思います。

もちろん、そういった修正はヘッドコーチの指示の下で行いますが、結局やるのは僕たちじゃないですか。そういった面では(齋藤)拓実は外国籍選手ともすごくコミュニケーションを取っていて練習中も一番しゃべっているので、そこは見習いたいですね。

安藤周人

「僕たちよりもお客さんが喜んでくれることが一番」

──戦力という部分以外でも、新加入の選手から受ける刺激は大きいようですね。ただ、安藤選手のように生え抜き選手からすると、「メンバーが変わったから名古屋Dは強くなったね」と思われることへの悔しさもあったりしますか?

どうだろう……。それはそれで難しいですね。ただ、僕たちの仕事は勝つことなので、そこは気にすることではないと思います。ちょっと言い方はおかしいかもしれないですが、僕たちよりもお客さんが喜んでくれることが一番なので。応援してくれているファンの方たちが喜んでくれることが僕たちの喜びです。だから周りが何と言おうが、僕は気にしないですね。

──ただ、それこそ昨シーズンは「エースとしての自覚を」と言われることも多かったかと思います。

それ以前に昨シーズンは「何で勝てないんだ?」という時期がずっと続いていたので、めちゃくちゃしんどかったです。9連敗した時なんて今までを振り返ってみても一番つらかったと思います。

──今シーズンは安藤選手にとって1年延期となった東京オリンピックに繋がる大事なシーズンだと思います。オリンピックという面での今シーズンに懸ける思いはどうですか?

正直言うと、1年延期になってくれてちょっとホッとしている部分があります。やっぱり、昨シーズンの状態ではメンバーに選ばれなかったと思うし、自分の中で確証を得た自信がありませんでした。まだ何をすれば良いのかも分からなくて、1年延期になったことで準備のための時間ができたと思っています。

ディフェンスでは身体をぶつけるだけじゃなくて、手を使ったディフェンスを意識しています。パスを出させないとか、ボールの邪魔をするとか。NBAとかいろいろな選手のそういった細かい部分を見て練習してきたので、相手が嫌がるようなディフェンスを行うこと。オフェンスでは自分が犠牲になってもアシストを増やすことをシーズンを通して実践していきます。

──それでは最後に開幕を楽しみにしているファンへのメッセージをお願いします。

プレシーズンゲームで久しぶりにファンの皆さんと会えて僕たちもうれしかったですし、皆さんもうれしかったと思います。僕たちも半年以上も試合ができなくて寂しかったですし、皆さんもプレシーズンだけじゃ物足りないと思います。待ちに待ったシーズンが開幕しますが、まずは開幕節で連勝して今まで開いていた期間を埋められるように、寂しかった気持ちを吹き飛ばせるようなプレーをしていきます。皆さんは声を出すことはできませんが、心の中で叫んで僕たちにエールを送ってもらえたら、喜んでいただける試合をお見せできると思うので、応援よろしくお願いします。

RECOMMEND