『日本一丸』を体現した篠山竜青、オーストラリアを破る大金星にも気持ちは緩まず

2018/06/30
日本代表
956

取材=丸山素行 構成=鈴木健一郎 写真=野口岳彦

強豪を撃破して「試合を通じて自信になった」

昨夜、バスケットボール日本代表はオーストラリア代表との大一番を制し、5試合目にして1次予選での初勝利を挙げるとともに、『崖っぷち』からの2次予選進出に大きく前進した。ポイントガードの篠山竜青はベンチスタートではあったが、最終的にはスタメンの富樫勇樹より長い21分のプレータイムを得て、勝負の第4クォーターではフル出場で歴史的勝利に貢献した。

篠山は勝因に「ディフェンスとリバウンド」を挙げる。ニック・ファジーカスと八村塁が加わったことで、これまで日本の弱点だったインサイドは大幅に強化された。2人の加入によるディフェンスとリバウンド、その効果が他にも波及したことを篠山は語る。

「日本は今まで良いディフェンスをしても、最後はリバウンドを取られてやられてしまうとか、そういう部分でメンタル的に我慢しきれずに試合が終わってしまうことが多かったんですけど、2人の加入により、良いディフェンスをすればディフェンスリバウンドにつながるし、それがファストブレイクにつながるという手応えがみんなにあり、それが試合を通じて自信になったし、終盤に逆転されても切れずについていけた要因だったんじゃないかと思います」

「皆さんの声援が足を動かしてくれました」

フィールドゴール6本中2本成功の4得点と、シュートタッチは良くなかった。それでも身体を張ったアグレッシブなディフェンスはオーストラリアを大いに苦しめた。日本が惜しいシュートを外してしまった後には特に激しいディフェンスを見せ、プレーで仲間を鼓舞した。

そうやって身体を張ってチームを支え続けた結果だろう、第4クォーター残り30秒で試合を決めるチャンスは篠山に転がり込んだ。ディフェンスリバウンドを拾った篠山はそのまま速攻に転すると、相手選手に猛追されても臆することなくレイアップを沈めて77-74、日本代表が勝利を大きく引き寄せる貴重な得点を奪った。

体力的には限界に近かったに違いないが、それでも最後まで走り切って決めたこのシーンを「一瞬追い付かれるんじゃないかと思ったんですけど、声援に後押しされたというか、皆さんの声援が足を動かしてくれました」と振り返る。「本当に一瞬どうしようって気持ちになりましたけど、そこからしっかりギアを上げてなんとか持って行くことができました」

「次で負けたら意味がない」と最終戦へ気を引き締める

今回のWindow3を控えて『日本一丸』のスローガンを書いた篠山。その彼がファンの気持ちを載せて走り、勝利を決定づける一発を決めるに至ったのは興味深い。

それでも、月曜には次のチャイニーズ・タイペイ戦が控えている。「次で負けたら意味がないので、しっかり切り替えて良い準備を進めていきたい」と、篠山の意識はすでにチャイニーズ・タイペイとの決戦へと切り替えられていた。