桜木ジェイアール、現役引退から休む間もなくコーチへと転身「勝利に対する情熱に変わりはありません」

桜木ジェイアール、現役引退から休む間もなくコーチへと転身「勝利に対する情熱に変わりはありません」

2020/09/06
桜木ジェイアール

6月上旬、桜木ジェイアールは19年間に渡ってプレーしたシーホース三河の一員として現役生活に終わりを告げた。その後、すぐにWリーグのアイシン・エィ・ダブリュ ウィングスのテクニカルアドバイザー就任が発表され、指導者としてのキャリアをスタートさせている。もっとも、指導者への転身は何年も前から考えていたこと。「自分にとってはベスト」というセカンドキャリアにどう取り組むのか、指導者生活を始めたばかりの桜木に話を聞いた。

「新しい挑戦をする準備はできていました」

──まずはテクニカルアドバイザーの仕事内容を教えてください。新しい役割への切り替えはすぐにできましたか。

選手にアドバイスを送ったり、基本的にはコーチと同じ役割をやっています。引退を発表して、気持ちはすぐにコーチへと切り替わっていました。現場から離れてのんびり過ごしたいとは全く考えなかったです。セカンドキャリアでヘッドコーチを目指すのが自分にとってベストだと思うし、ずっと前から考えていたことでもあります。新しい挑戦をする準備はできていましたし、常に何かに取り組んでいたいと思っています。

自分自身、コーチをすることに違和感はありません。三河でも最後の5シーズンはチームメートにいろいろと教えていて、役割に大きな変化はないので。それに試合でプレーすることはなくなっても、勝利に対する情熱に変わりはありません。

──女子のチームに加わったのには驚きました。10代、20代前半の選手が大半で、年齢差を感じることはありますか。

ウィングスに所属することは、私にとって違和感はないです。三河と同じアイシングループで繋がりもあります。チームの活動エリアはこれまでと変わらないし、私にとっては快適な環境です。確かに選手たちは若いので、大学のコーチじゃないかと感じることもあります。彼女たちは学ぶべきことがたくさんありますが、若いので辛抱強く教えることが必要です。選手たちはこちらの助言を熱心に聞いてくれますし、本当にハードにトレーニングをしています。

今回の就任にあたってトム・ホーバス(女子日本代表ヘッドコーチ)さんに連絡しました。他にもいろいろな人たちからアドバイスをもらいました。女子と男子で教えることに大きな違いがあるとは思いません。ただ、身体能力が違うのでフォーメーションも少し違ってきます。この3年、4年は自分でプレーブックを書いていますが、女子では使えないものもあるので、そこは対応しないといけないですね。そしてジェネレーションギャップについては、少なくとも私は感じることはないと言いたいです(笑)。

──自身の理想とするコーチ像はどんなものですか。

現役時代から、常に相手コーチの戦略に注目していました。どのように試合にアプローチし、どのように僕たちを止めようとするのかで、何人かのコーチの作戦には感銘を受けました。私はコーチとして感情を前面に出すのではなく、常に冷静に試合を見つめるフィル・ジャクソンのようなスタイルを目指しています。また、すべての選手に個性があり、若手かベテランかで戦術の理解力も違ってくるので、全員一緒ではなく、それぞれに合ったやり方で接していくことを大事にしたいです。つまり『プレイヤーズコーチ』でありたいです。

──古巣の三河については、やはりオフシーズンの動向も気になったりはしていますか。

もちろん、三河のことはずっと関心を持っています。今でもBリーグには多くの友人がプレーしているので気にしているし、リーグ全体を引き続き興味深く見ています。今の新型コロナウイルスの状況が落ち着いたら、三河の練習施設に行きたいし、ウィングスの試合がない時にはホームゲームに行ってファンの皆さんに会いたいとも思っています。

桜木ジェイアール

「試合を楽しむこと、試合に勝つことを大切に」

──引退会見などで、現役時代の思い出はいろいろと語っています。今回は趣向を変え、19年の日本でのキャリアにおいて印象に残った選手たちをベスト5形式で教えてください。19年は長いので日本人選手を対象に2000年から2010年にかけて、2010年から昨シーズンまでと2つの年代に分ける。そして、19年間を通しての外国籍選手と、3つの『ベスト5』を選出してもらいたいです。

2000年から2010年にかけての日本人ベスト5は、まずは折茂武彦さんです。日本に来た当初、彼は毎試合40点を挙げているような印象で、本当にすごいと思いました。田臥勇太選手は素晴らしいポイントガードで、ほとんど止められなかったです。もちろん、アイシンで長く一緒にプレイした佐古賢一さんも選ばないといけない。ビッグマンはサイズと機動力を備えた竹内ツインズ(公輔、譲次)ですね。

2010年から今であれば、富樫勇樹選手は素晴らしいピック&ロールの使い手で、スピードもあって止めるのが困難です。そして三河のチームメートで、私が最も好きな選手である金丸晃輔選手を選ぶのは当然ですね。比江島慎選手も素晴らしいガードです。馬場雄大選手は高い身体能力を持ち、ハッスルプレーで試合の流れを変えられる。ビッグマンはニック・ファジーカス選手ですね。

外国籍では最初にジェフ・ギブス選手を挙げたいです。傑出したタレントの持ち主で、身長こそ小さいですが、そのプレーぶりはサイズの大きい選手のものです。ジャスティン・バーレル選手は運動能力が高く、止めるのが難しい。ライアン・フォーハンケリーも好きです。彼は僕が三河でプレーした中で最もスマートな選手でした。あと、ガードではトレイ・ジョーンズ選手です。たとえ10分ちょっとの短い出場時間でも、多くの得点を取られて苦しめられました。そして長く一緒にプレーしたアイザック・バッツ選手も外せないですね。

──Wリーグでは今シーズン、コロナウィルスの感染対策でこれまでと大きく開催方式が変わりました。ウィングスは西地区となり、試合会場もほとんどの試合が愛知県内となります。この点についてどう感じていますか。

スポーツ選手は、シーズン中になると遠征が当たり前なので、ほとんどの試合を愛知県内でやるのは奇妙な感じがします。時に異なる会場、環境でプレーするのは試合の一部であり、それを楽しみにしていた部分はあります。ただし、コロナ禍によって世界は大きく変わろうとしていて、それにアジャストしなければいけないし、これからどんな状況になっていくのかも予想できません。すぐに新しい環境に慣れて勝つための方法を見つけることが大事になってきます。

──いよいよシーズン開幕が近づいてきました。チームとしての目標を教えてください。

コーチとして昨シーズンより少しでも良い成績にチームを導くことを目指します。そして選手には試合を楽しむこと、そして試合に勝つことの2つを大切にしてもらいたいです。

──最後にファンへのメッセージを教えてください。

ファンの皆さんの前で、引退の挨拶をいずれしたいと常に思っています。そして、私のキャリアの新しい章をウイングスで始められたことは本当に幸せです。ウイングス、三河を一緒にサポートしてください。

RECOMMEND