八王子ビートレインズが日本人ビッグマンの青木ブレイクを獲得「最善を尽くして昇格に向かって進みます」

八王子ビートレインズが日本人ビッグマンの青木ブレイクを獲得「最善を尽くして昇格に向かって進みます」

2020/08/20
青木ブレイク

B1の経験も豊富な26歳

八王子ビートレインズは今日、青木ブレイクとの2020-21シーズン契約を結んだことを発表した。

現在26歳の青木はBリーグ初年度に栃木ブレックス(現宇都宮ブレックス)でプロキャリアをスタートさせ、翌シーズンに富山グラウジーズに移籍。2018-19シーズンからの2シーズンはライジングゼファーフクオカにプレーした。昨シーズンは32試合に出場し、平均プレータイム12.3分で3.8得点、2.6リバウンド、1.1アシストを記録。B1でのプレー経験も豊富な選手だ。

クラブは「長身を生かしたダンクやリバウンドだけでなく、走ってスピーディーなバスケットにも対応できる選手」と青木を紹介している。

青木はクラブを通して次のコメントを発表している。「チームの明るい未来への方向性が、八王子への移籍を決める要因となりました。私はチャンピオンシップという目標を達成するための重要な役割になると思っています。クラブ、コーチングスタッフ、私の新しいチームメイト、そして最も重要なファンとともに、私たちは最善を尽くして昇格に向かって進みます」

RECOMMEND