アルバルク東京の安藤誓哉が母校の小岩第四中学校バスケ部へシューズを寄贈「未来に向けて一緒に頑張りましょう」

アルバルク東京の安藤誓哉が母校の小岩第四中学校バスケ部へシューズを寄贈「未来に向けて一緒に頑張りましょう」

2020/08/11
安藤誓哉

「全身全霊で挑もうと思っていた大舞台も延期に」

今夏、貴重な活躍の場を失った学生アスリートに向けて、エールと未来への希望を送るために有志のアディダスアスリート達が集まった。そして、それぞれにゆかりのある母校やチームに対し、アディダスのパフォーマンスシューズ『TOKYO COLLECTION』を寄贈した。

Bリーグ、アルバルク東京に所属する安藤誓哉は母校の小岩第四中学校 バスケットボール部にこのシューズを寄贈した。安藤は「Bリーグもシーズンが途中で終わってしまいましたし、僕がこの夏全身全霊で挑もうと思っていた大舞台も延期になってしまいました」と、生徒たちと同様に活躍の場を失ってしまったことを嘆いた。

それでも「皆さんも練習や大会ができないという本当に苦しい体験をされたかと思います」と生徒たちを労いつつ、前向きな言葉を贈った。「微力ではありますが、皆さんへのエールの気持ちを込めてこのシグナルピンクのシューズをプレゼントさせてもらいます。このシューズはこの夏、全世界のアディダスアスリートが着用する予定だった気持ちのこもったシューズです。僕も開幕に向けてできることを全力で練習しています。皆さんも是非このシューズでたくさんトレーニングをして、未来に向けて一緒に頑張りましょう」

RECOMMEND