アンソニー・デイビスはトレードマークの『繋がり眉毛』を剃るべきか?

2018/03/29
NBA&海外
105

写真=Getty Images

ファンのアンケートは「剃るべき」やや優勢

デマーカス・カズンズがアキレス腱の断裂でチームを離脱した後、ペリカンズで孤軍奮闘を続けるアンソニー・デイビス。チームは西カンファレンス5位につけているが、4位サンダーから8位ティンバーウルブズまでは1.5ゲーム差にひしめき合い、予断を許さない状況が続いている。

そんな中、デイビスはファンに向け、自身のトレードマークである『繋がり眉毛』を剃るべきかどうかをソーシャルメディア上で問いかけている。TwitterとInstagramでデイビスが投稿したアンケートには、現在までに30万人以上のファンが参加し、「剃るべき」が51%、「残すべき」が49%という大接戦になっている。

なぜこのタイミングでデイビスがアンケートを行なったのかは分かっていない。プレーオフを前にイメージチェンジを図ろうと思ったのかどうかは分からないが、なくなってしまったら寂しさを覚えるファンも少なくないことがアンケートで証明されている。

2012年のドラフトにエントリーする前から『繋がり眉毛』を自身のトレードマークにしてきたデイビスは、ドラフト全体1位指名濃厚と言われ始めるようになった時期、『ESPN』とのインタビューでこう語っていた。

「NBAでプレーするようになっても変えない。自分自身を変えるつもりはないよ。これが自分だし、(繋がり眉毛が)他の選手と自分を異なる存在にしてくれている」

今ではリーグトップクラスのパワーフォワードに成長したデイビスが、トレードマークに手を加えるのかどうか、アンケート結果を受けての本人のリアクションに注目したい。