ドワイト・ハワードがネッツ戦でNBA史上8人目となる30得点30リバウンド超え達成

2018/03/22
NBA&海外
35

写真=Getty Images

かつての最強センターが往年のパワーを披露

ドワイト・ハワードは、2000年代を代表するビッグマンの一人で、数年前までは『現役最強センター』の称号を欲しいままにしていた。しかし、マジックからレイカーズ、ロケッツ、ホークスと渡り歩く間に選手としての評価を著しく下げ、今シーズンはホーネッツに在籍。試合によってモチベーションの差が激しいと指摘されることも少なくなく、現在もかつての栄光を取り戻せてはいない。

そんなハワードだが、3月21日に敵地で行なわれたネッツ戦で、NBA史上8人目となる1試合30得点30リバウンド超えという快挙を達成した。

32得点30リバウンドを記録したハワードは、2010年11月12日のニックス戦で31得点31リバウンドをマークしたケビン・ラブ(当時はティンバーウルブズ所属)以来となる1試合30得点30リバウンド超えを達成。『ESPN』によれば、ネッツ戦での30得点30リバウンド超えは、1978年2月3日にカリーム・アブドゥル・ジャバーが記録して以来初だという。

ハワードは「カリームのような偉大な選手と並べて光栄だ。カリームもそうだし、ウィルト・チェンバレンにあこがれて育ったからね」と語った。

ハワードは今シーズン平均16.3得点、12.0リバウンドを記録し、キャリア平均(17.4得点、12.6リバウンド)に近い成績を残している。残念ながらチームは2年続けてプレーオフ進出を逃す可能性が高いが、ハワードにとっては『汚名返上』の足掛かりになるシーズンになったと言えるかもしれない。『最強ビッグマン』の称号を取り戻すには、安定したパフォーマンスと、チームを勝たせられる存在になることが求められる。