仙台89ERSがジョシュ・ペッパーズを獲得、来シーズンで日本でプレーして14年目に

仙台89ERSがジョシュ・ペッパーズを獲得、来シーズンで日本でプレーして14年目に

2020/06/26

ジョシュ・ペッパーズ

これまでにB3、B2、B1すべての舞台を経験

仙台89ERSは今日、富山グラウジーズのジョシュ・ペッパーズを獲得したことを発表した。

ペッパーズはアメリカ出身、35歳の200cm92kgのフォワード。2007-08シーズンから日本でプレーし、来シーズンで14年目を迎える。これまでB3、B2、B1のすべてでプレーした経験を持ち、今シーズンは出場した17試合すべてで先発を務めた。平均プレータイム35.9分で14.9得点、5.4リバウンド、4.1アシスト、2.0スティールを記録している。

GM兼ヘッドコーチを務める桶谷大は、ペッパーズをこう紹介している。「日本の文化、人、バスケットボールを熟知しており、彼の経験やリーダーシップが、ナイナーズの目標であるB2優勝・B1昇格には必要不可欠です。3ポイントシュート、ドライブ、アシストとオフェンスの武器も多彩で、得意のスティールからの速攻でチームに勢いを与えてくれるでしょう」

ペッパーズもクラブを通して「今シーズンを思い出に残るシーズンにしたいと思います。黄援よろしくお願いします。ありがとうございます」とコメントしている。

RECOMMEND