大阪エヴェッサが天日ヘッドコーチのバスケットを知るビッグマン、土屋アリスター時生を獲得

大阪エヴェッサが天日ヘッドコーチのバスケットを知るビッグマン、土屋アリスター時生を獲得

2020/06/19

土屋アリスター時生

走れるクレバーなビッグマン

大阪エヴェッサが土屋アリスター時生の獲得を発表した。

イギリス出身の土屋は198cm95kgのパワーフォワード。大阪教育大3年時と4年時に西宮ストークスに特別指定選手として加入し、昨シーズンからプロ契約を結び、計4年間プレーした。現在大阪のヘッドコーチを務める天日謙作と2016年から2年間、西宮で共闘した経験を持っている。

今シーズンは36試合に出場し平均6.5分間のプレータイムで2.2得点、1.1リバウンドを記録した。

土屋はクラブを通して以下のコメントを発表している。「自分の通った大学のある大阪という地でプレーできること光栄に思っています。また、大学で4年間、特別指定選手として2年間プレーした天日謙作ヘッドコーチのシステムでまたバスケットボールができることを楽しみにしています。自分の持ち味であるスピードと身体能力を生かして、大阪エヴェッサのためにベストを尽くしますのでどうぞよろしくお願いします」

またGMの阿部達也は「198cmの身長がありながらも走力を持ち、クレバーなプレーでチームに新しい風を吹かせてくれると期待しています。24歳とまだ若く成長過程でもあり、大阪エヴェッサの環境でその才能を大きく開花させてくれると確信しています」と、大きな期待を寄せている。

RECOMMEND