ダンク・コンテストに出場しないレブロン・ジェームズの『ノールック・ダンク』

2017/12/09
NBA&海外
864

写真=Getty Images

ダンク・コンテストに出場しないレブロン・ジェームズの『ノールック・ダンク』

レブロン・ジェームズは、既報の通りロサンゼルスで2018年2月に開催される『NBAオールスター・サタデー』イベントへの出場を辞退すると先日に表明している。

だが、12月8日のペイサーズ戦前のウォームアップに披露した『ノールック・ダンク』を見せられては、『ダンク・コンテスト』出場を求むファンの声は増えるはずだ。キャバリアーズがアップした動画には、試合前のウォーミングアップで軽々と2つのダンクを決めるレブロンの姿が収められている。

まずは自らボールをフロアに叩きつけ、跳ね返ったボールをそのままワンハンドでブチ込む『セルフ・アリウープ』。この迫力もなかなかのものだが、次に披露したのは『ノールック・ダンク』だ。リムに視線を移すことなく笑顔のままフープにボールを押し込んでいる。

練習中にさらりと見せる即興性と創造性でこれなのだから、きっちりとアイデアを練り、練習を重ねてダンクコンテストに出場すれば、きっと今までに誰もやったことのないダンクが見られるのではないか。

試合でも、『盟友』ドウェイン・ウェイドとの阿吽の呼吸で豪快なダンクを披露。レブロンからのロングパスを受けたウェイドがドライブを仕掛け、それに呼応するようにペイント内にスッと忍び込んだレブロンに優しくパス。ボールを受け取ったレブロンがボースハンド・ダンクでリムと会場中を揺らしたシーンは圧巻だ。

やはり、引退までに1度は『ダンク・コンテスト』でのレブロンを見てみたい。家族と過ごすのも大事だが、家族を招待してその前で世界を仰天させるダンクをかます、というのはどうだろうか?