東の上位対決、セルティックスのゴードン・ヘイワードがヒート撃破の立役者に「毎試合プレーオフのように戦う」

東の上位対決、セルティックスのゴードン・ヘイワードがヒート撃破の立役者に「毎試合プレーオフのように戦う」

2020/01/29

ゴードン・ヘイワード

29得点9リバウンド、守ってはバトラーを抑える

東カンファレンスの上位同士の対戦となった1月28日のセルティックスvsヒートは、ゴードン・ヘイワードの29得点9リバウンドの活躍でセルティックスがヒートを109-101で下した。ヒートが同じ東カンファレンスのチームにホームで敗れたのは今シーズン初めてのことだ。

セルティックスは試合開始直後から3ポイントシュート攻勢でヒートを圧倒した。第2クォーターでヒートに何度か逆転されるも、53-48と押し返して前半を終える。後半に入ってからは一度もヒートにリードを許さなかった。

この試合の勝利の立役者はヘイワードだった。シュート成功率が71%(14本中10本成功)と非常に高かったことに加え、フリースローラインに10回立つ(うち8本成功)などアグレッシブな姿勢でヒート守備陣を苦しめた。ディフェンスでもヒートのエース、ジミー・バトラーを封じ込め、フィールドゴール14本中5本しか決めさせなかった。

試合後のヘイワードは「プレーオフ争いではどの試合も軽視できない。僕らはすごくまとまったチームで、毎試合プレーオフのように戦っている。それくらい結束が固いんだ」と大事な試合に勝つ秘訣を語った。

実際、セルティックスはヘイワードだけが好調だったわけではない。ジェイレン・ブラウンが25得点、ケンバ・ウォーカーが16得点8アシスト、ダニエル・タイスがゲームハイの11リバウンドを記録するなど、各選手が役割をきっちりこなしてチームの勝利に貢献している。

この試合では、両チームの選手だけでなく、ヘッドコーチやスタッフまで急逝したコービーモデルのシューズを履いた。シューズには『RIP Kobe』や『Rest in peace No.24』などコービーへの追悼メッセージが書かれていた。ケンバは「コートに立つのは正直まだ辛いけど、プレーするしかない」と悲壮感を漂わせていた。

RECOMMEND