グリズリーズではプレーせず状況の推移を見守るアンドレ・イグダーラ、バイアウトが成立すればレイカーズへと移籍?

グリズリーズではプレーせず状況の推移を見守るアンドレ・イグダーラ、バイアウトが成立すればレイカーズへと移籍?

2020/01/04

アンドレ・イグダーラ

大舞台の強さでは今でもリーグ有数の存在

昨年のオフにウォリアーズからトレードされてグリズリーズの一員となったアンドレ・イグダーラだが、チームと行動をともにせず、今シーズンは1試合にも出場していない。

35歳のイグダーラはまだ数年は現役続行を希望している。彼の魅力は『プレーオフの勝ち方』を知っていること。レギュラーシーズンでフル稼働するのは身体的に厳しいだろうが、プレーオフでは勝負どころを見極めた働きで確実に戦力となる。

ウォリアーズに所属した昨シーズン、レギュラーシーズンでは平均5.7得点、3.7リバウンド、3.2アシストと平凡な成績だったが、プレーオフでは平均9.8得点、4.3リバウンド、4.0アシストを記録。ハムストリングを痛めた状態で出場したラプターズとのNBAファイナル第2戦では、第4クォーター終盤にトドメの3ポイントシュートを決めて勝利に貢献するなど、大舞台の強さでは今でもリーグ有数の存在だ。

グリズリーズは2月7日のトレードデッドラインまでに他チームとのトレードを成立させて少しでも見返りを得たいところだが、ここまで有力な動きの情報は出ておらず、イグダーラも状況を静観している。

イグダーラとグリズリーズが契約のバイアウトに合意し、彼がフリーエージェントになれば、獲得に動くチームはいくらでもあるはず。特にレイカーズは、優勝を実現させる切り札としてイグダーラに大きな期待を寄せているようだ。ちなみに、レイカーズのロブ・ペリンカGMは以前にイグダーラの代理人を務めていた人物だ。レイカーズにはもう一つ、イグダーラを取りたい理由がある。クリッパーズに加入されたら、ライバルが真の脅威となるため、それを避ける必要があるのだ。

優勝候補のレイカーズでレブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスとともにプレーオフを戦う姿が見られるのかどうか、まずはトレードデッドラインまでのグリズリーズの動きに注目したい。

RECOMMEND