セルティックスでのデビューを飾ったカイリー・アービング、まずは試運転で「今はチームの基礎を作っている段階」と語る

2017/10/04
NBA&海外
88

写真=Getty Images

ゴードン・ヘイワードとともに歓声で迎えられる

10月2日にTDガーデンで行なわれたホーネッツとのプレシーズンゲーム初戦で、カイリー・アービングがセルティックスデビューを飾った。

アービングはミッドレンジからのジャンプシュートでセルティックスでの初得点を決めると、続けて素早い動きからペイント内にカットしダンク。このプレーにホームのファンは歓声でアービングを称えた。

同じく新加入のゴードン・ヘイワードは、右ウィングからの3ポイントシュートで初得点を記録。アービングとともに互いの持ち味を発揮し、試運転で好パフォーマンスを披露した。

アービングとヘイワードは前半のみの出場だったが、試合はセルティックスが94-82で勝利。アービングは9得点4リバウンド3アシスト、ヘイワードは5得点5リバウンドを記録した。

試合後、アービングは「今はチームの基礎を作っている段階」とコメント。また「他にも、自分たちが対戦するチームの中には、同じように一から作り直しているチームもある。僕たちは、今日のような試合を生かさないといけない」と話している。

プレシーズンゲーム初戦ということもあり、両選手の出場時間は短かったものの、今後は徐々にペースを上げ、10月17日に敵地で行なわれるキャブズとの開幕戦に向けコンディションを上げていく。ケミストリー構築に時間はかかるが、新チームでの初戦勝利という結果を考えれば、幸先良いスタートを切ったと言える。