富樫勇樹が語る魅惑のBリーグオールスター@北海道「今回も最終的には勝ちたい」

富樫勇樹が語る魅惑のBリーグオールスター@北海道「今回も最終的には勝ちたい」

2019/12/04

富樫勇樹

4年目を迎えたBリーグは、『B.LEAGUE ALL-STARGAME 2020 IN HOKKAIDO』を2020年1月18日に北海きたえーるで開催する。1年目は代々木第一体育館での開催だったが、その後は熊本、富山と地方のバスケ人気の高まりに一役買っているオールスターは、今回は札幌での開催となった。

12月2日、その出場選手が発表され、ファン投票により決まったスタメンの10選手が会見に出席した。この会見を終えた『B.WHITE』の各選手に、北海道の好きなところ、自身にとっての『スター選手』とは何かを聞いた。富樫勇樹があこがれたのはアレン・アイバーソンとリオネル・メッシ。どちらも身体は大きくないが、技術と創造性でファンを魅了した特別な存在だ。

「あこがれた選手はアイバーソンとメッシ」

北海道の印象は、美味しい食べ物があることです。父の知り合いがいるので、北海道で試合があるたびにご飯に連れて行ってもらっています。今回もお任せして、美味しいものを食べに行こうと思います。折茂さんにもオススメを聞いて、いろんなところに行きたいです。

オールスターももちろん試合ですけど、公式戦とは違うので、地域を楽しみたい気持ちがあります。と言うか、美味しいものをいっぱい食べたいです(笑)。あまり生魚が好きじゃないので、よく行くのはジンギスカン。でもラム肉はあまり好きじゃくて鶏肉ばかり食べるので、「こんなヤツ来るんじゃないよ」ってよく言われます(笑)。

子供の頃にあこがれたスター選手は、バスケだったらアレン・アイバーソン選手、バスケじゃなかったらリオネル・メッシ選手です。アイバーソン選手はNBAを見始めた頃からずっと好きです。小学生の時からクロスオーバーを真似したり。今も眠れない夜なんかは動画で出てきたら見ちゃいますね。メッシ選手はあの身長もあるし、細かいドリブルで抜いてシュートを打つ、華のあるプレーがずっと好きでした。

ケガで出場できなかった2年目を除いて、1年目と3年目のオールスターではチームが勝っているので、今回も最終的には勝ちたい気持ちがあります!

RECOMMEND