Bデビュー戦で豪快ダンクを決めたアルバルク東京の馬場雄大は「試合より教育実習の方が緊張します」と大物ぶりを発揮

2017/09/03
Bリーグ&国内
202

文・写真=鈴木栄一

チーム練習にほとんど参加しないままの実戦参加

2年目のBリーグにおいて、大きな注目を集めるニューカマーの一人がアルバルク東京の馬場雄大だ。筑波大学では1年次から中心選手として全日本大学バスケットボール選手権3連覇の原動力になるなど、名実ともに大学No.1プレーヤーとして大暴れしていたが、大学4年生の今季は大学在学中ながらプロ転向を発表し、A東京に加入した。

現役日本代表でもある彼は即戦力の大物ルーキーと見られているが、アジアカップ出場に加え、現在は教育実習を行っている最中でまだチームに本格的な合流となっていない。コンディション面も考慮され、アーリーカップ初戦となった昨日のサンロッカーズ渋谷戦には出場しなかった。しかし、大会2日目の川崎ブレイブサンダース戦、第1クォーター途中にBリーガーとして初の試合出場を果たすと、初得点で速攻から彼の代名詞である豪快なダンクを叩き込み、鮮烈なBリーグデビューを飾っている。

「出るかどうか分からない状況でも準備はしっかりしようと思っていました。まだ、チームに合流して練習もほとんどしていないので、ディフェンスだったり、リバウンドだったり、コンビネーションがなくてもできることを一生懸命やってこい、と言われました」

豪快ダンクに「あそこで叩き込むのは得意とするところ」

このように途中交代でコートに入った時のことを振り返る馬場だが、会場を一際沸かせたダンクについては当然のように狙っていた。「あそこで叩き込むのは僕の得意するところ。『馬場ならダンクに行くだろ』と思われていると強気で行きました。あのプレーでチームに勢いを与えられたどうかは分からないですが、プレーだけでなくベンチでも盛り上げていきたいので、そこは継続していきたいです」

ダンクで早速『らしさ』を見せた馬場だが、一方でチーム練習をほとんどできていないこともあり、自身の全体的なパフォーマンスについては厳しい評価を下している。「自分の強みであるオールコートのプレーは学生からプロになっても通用すると思いますが、課題は外角シュートなどハーフコートオフェンスで、良いところでボールはもらうんですけど決めきれないところがありました。コミュニケーション不足から、まだまだアジャストできない部分があってターンオーバーにつながってしまいました。今後、チーム練習を重ねることですりあわせないといけないです」

「今日は100点満点で40点か50点くらいです。ダンクする、しないは考えていないです。他のプレーでの精度を求めています。ピック&ロールからの展開は少しずつ見えてきていますので、そこをまだまだ成長させていきたいです」

潜在能力の高さをあらためて証明したBリーグデビュー戦

ちなみにBリーグでのデビュー戦だからと「緊張はしなかったです」と語る馬場だが、一方で始まったばかりの教育実習についてはかなり緊張している様子。「スーツを着て、始業式で『よろしくお願いします』と挨拶した時の方が、Bリーグデビューより緊張しました。でもバスケをしている子はたくさんいて、始業式の途中で『雄大』と言われたりもして、すごい子がいると思っていました」と語る。

新人らしからぬ堂々としたプレーを披露しているが、メディアやファンの前でしゃべるのもまだまだ慣れておらず、「人前でしゃべるのは緊張してしまい、それが表情に出てしまいます」と、まだ初々しい面も見せている。

前述のように、チーム練習にほとんど参加できていないことから、連携不足は否めない。それだけに「最後の場面で試合に出たかったです」と語るとともに、「そこは悔しかったですが、適切なのはザック選手が継続して出ることだと思っていたので応援していました」とチームにおける自分の立ち位置を冷静に把握してもいる。

17分の出場で4得点2リバウンド3アシスト。本領発揮にはまだしばらく時間がかかりそうだが、その潜在能力の高さは疑いの余地がない。そのことをあらためて証明したBリーグデビュー戦であった。