京都ハンナリーズの『秘密兵器』伊藤達哉、「ディフェンスから流れを作ることのできる選手に」と新シーズンの躍進を誓う

2017/07/21
Bリーグ&国内
1413

文・写真=古後登志夫

伊藤達哉は東海大から昨シーズン途中に京都ハンナリーズに加入したポイントガード。昨シーズンは出場機会なしに終わったが、そのスキルと身体能力はチーム内でも高い評価を受けている。同じポジションの小島元基がアルバルク東京へと移籍した新シーズン、伊藤にとっては自らの実力を示す大きなチャンスになりそうだ。9月末の開幕が待ちきれないという伊藤に、その思いを語ってもらった。

「京都にどんどん勢いを付ける存在になりたい」

──まずは京都に加入した経緯を教えてください。

もともと高校が京都の洛南高校出身ということで、京都のバスケを盛り上げたいという一心でした。それに、京都はディフェンスのチームと言われていて、僕もディフェンスが得意なので、自分のプレースタイルに合うと思ってこのチームに決めました。

実家が千葉なので、実は千葉ジェッツも少し考えたんです。でも現状、千葉は観客でもB1でトップクラスじゃないですか。それに比べると京都は観客動員で下のほうなので、自分はそこを盛り上げたい、どんどん勢いを付ける存在になりたいという考えで決めました。

──Bリーグができる話は大学に入ったぐらいから出てきたと思いますが、もともとプロ志望でしたか?

そうですね。僕は両親がバスケの選手だったんです。両親が2人とも男女で三井生命に入っていて。そういうこともあって小さい頃からバスケをやっていました。大学の途中までは関西実業団でもいいかなと思っていたのですが、先輩たちがプロで活躍している姿を見て、自分もそこでやりたいと思うようになりました。

以前はNBLとbjリーグがあって、僕はどちらかと言うとbjリーグの観客とか会場の雰囲気にあこがれていたんです。こういう環境でプレーしてみたいな、って。でもレベル的にはNBLのほうが上だろうとも感じていて、それが一緒になってBリーグになったのは、本当に素晴らしい環境、ワクワクするリーグができたと思いますよ。

──そのBリーグでも通用すると思う自分の武器は?

ディフェンスですね。試合で自分が出る時間帯は全部ディフェンスに費やすぐらい、相手が嫌がるディフェンスをやるつもりです。ディフェンスから流れを作ることのできるプレーヤーになりたいと思っています。

「田臥勇太選手や富樫勇樹選手とのマッチアップが楽しみ」

──新シーズンが実質的なデビューシーズンとなります。個人的な目標は新人王ですか?

1年目は小島(元基)さんが新人王じゃないかと言われていて、新人王になったベンドラメ礼生選手も大学の先輩ですし、それを引き継ぐわけじゃないですけど狙っていこうとは思っています。

──ポイントガードには優れた選手が多いですが、対決が楽しみな選手は?

田渡凌さん。中学の先輩なんですけど、高校卒業後はアメリカに行ってしまったので、中学卒業後は一緒にプレーしていないんです。だからBリーグの舞台でマッチアップしたいです。田臥勇太選手や富樫勇樹選手とも結構仲良くさせてもらっているので、対戦するのが楽しみです。

あとは同年代の選手だと、僕たちは筑波大にインカレでずっと負けてきたので、その時のガードで今は栃木ブレックスにいる生原秀将選手には負けたくないですね。

──では、あらためてファンの皆さんに新シーズンへの意気込みを伝えてください。

自分の持ち味であるディフェンスで、見ているお客さんをフルフル、ワクワクさせたいと思っています。昨シーズンはチームも僕も結果を出せていないので、新シーズンはまず上位を目指して頑張ります。バスケになるとクールというかポーカーフェイスというか、愛想がなくなるタイプなのですが、コートを離れれば笑顔なので、応援よろしくお願いします!