広島ドラゴンフライズが古野拓巳と谷口大智を獲得、悲願のB1昇格へ盤石の戦力強化

2019/06/24
Bリーグ&国内
6157

古野拓巳

トーマス・ケネディに続いて決定的な補強に成功

広島ドラゴンフライズは今日、熊本ヴォルターズから古野拓巳を、秋田ノーザンハピネッツから谷口大智を獲得したことを発表した。

古野は26歳のポイントガード。今シーズンは11.7得点、7.3アシストを記録。スタッツだけでなくクラッチタイムの勝負強さも兼ね備えた、B2屈指の日本人スコアラーで、昇格のライバルである熊本から引き抜いたことは非常に大きい。

大卒から熊本で5年間プレーした生え抜きだが、今回初めて移籍することになり、「全力で『B2優勝』『B1昇格』に向けて挑む」と、新天地となる広島での飛躍を誓っている。

また谷口は洛南高を卒業後『スラムダンク奨学金』でアメリカに渡った29歳の日本人ビッグマン。bjリーグのラストシーズンから秋田に在籍し、201cm105kgの体格を生かして外国籍選手と渡り合ってきた。

「私にとって初めての移籍になりますが、不安よりも楽しみや『やってやろう!』という気持ちの方が大きいです。自分自身の目標としては、この1年、常にチャレンジャーとして挑みチームとしては、全員で目標の達成をしていきます」とクラブを通じてコメントを発表している。

広島はBリーグ1年目には入れ替え戦まで駒を進めるも勝ちきれず、続く2シーズンは昇格争いに最後まで残ることができなかった。経営基盤が強化された今夏に大規模なチーム刷新に着手。すでにB2得点王&MVPのトーマス・ケネディを獲得しており、今回はB2で最も優れたポイントガードの古野、外国籍選手の力をより引き出す谷口を加えたことで、ロスターは盤石なものに。個性豊かなタレントを組み合わせてチームにするのは簡単ではないが、少なくとも戦力的な面だけで見れば、広島はB2の中でも突出したチームとなった。