Wリーグセミファイナルでシャンソン化粧品を迎え撃つトヨタ自動車の馬瓜ステファニー「受け身にならず向かっていく」

Wリーグセミファイナルでシャンソン化粧品を迎え撃つトヨタ自動車の馬瓜ステファニー「受け身にならず向かっていく」

2023/04/07 18:30
馬瓜ステファニー

警戒する山本「シャンソンさんは勢いに乗ると怖いチーム」

4月8日から、Wリーグプレーオフ2022-2023のセミファイナルが武蔵野の森総合スポーツプラザで行われる。セミファイナルはトヨタ自動車アンテロープスvsシャンソン化粧品シャンソンVマジック、デンソーアイリスvsENEOSサンフラワーズの2カード。

3連覇を目指す『女王』トヨタ自動車はレギュラーシーズンを22勝4敗で終え、2位でプレーオフに進出した。山本麻衣は「レギュラーシーズンは競る試合が結構多かったんですけど、その中でも2位となって、勝ち切るところはしっかりできたと思います。また、若いチームなので、試合を重ねるごとに成長を感じられました」とレギュラーシーズンを振り返った。

馬瓜ステファニーも山本と同様に、敗戦から得たモノが多かったと言う。「自分たちは経験のないチームなので、そこの4敗でどれだけ自分たちが成長に繋げられたかというのはすごく実感しているところです。まだまだ満足している結果ではないので、必ず最後は優勝したいなと思います」

対戦相手のシャンソン化粧品は、昨シーズンのセミファイナルで戦った相手。勝利の記憶があるだけに、良いイメージで臨めるはずだが、山本は「シャンソンさんは勢いに乗ると怖いチームなので、準備したことをしっかり出し切れるようにしたい。リバウンドがすごく強いイメージなのでそこをしっかりコントロールして臨みたいなと思います」と、警戒している。

山本が言うように、シャンソンは三菱電機コアラーズとのクォーターファイナルで最大24点差のビハインドを覆し、セミファイナルへと進んだだけに最も勢いのあるチームだ。馬瓜も「シャンソンさんの勢いに受け身になるのではなく、そこにしっかり向かっていくことが大事」と言い、こう続けた。

「一人ひとりがどれだけチャレンジできるかが今後のセミファイナルでは大事になってくると思います。レギュラーシーズンではアーリー(エントリー)の選手も加わって、本当に新しいチームになったと感じました。相手ばかりを気にするのではなく、成長したところを見せられるようにしっかり集中して戦っていきます」

一方、シャンソン化粧品のキャプテン、小池遥は「昨年を超えるためのスタートラインに立てた」と言い、女王超えを虎視眈々と狙っている。「トヨタさんは一人ひとりの能力が高いですが、それを全員で守るのはもちろんのこと、受け身にならずにチャレンジャーとして自分たちのバスケットができればいいかなと思います」

また、吉田舞衣は大逆転劇となったクォーターファイナルの激闘を振り返りつつ、このように意気込んだ。「リードされる展開の中で苦しい瞬間も正直あったんですけど、最後に勝つということに対して誰1人ブレることなく戦った結果が、セミファイナル進出に繋がったと思っています。特にインサイドの部分がシャンソンよりはるかに強いとレギュラーシーズンで対戦した時に思ったので、1週間みんなで対策して試合に臨みたいです。優勝という目標に対して自分のできることで貢献して、まずは今週の試合を全員で勝ちに行きたいです」

シャンソン化粧品は「方向性の違いにより」、藤岡麻菜美を筆頭とした7選手がシーズン途中に退団した。それでも、逆境を乗り越えて、この舞台へ戻ってきた。目標は『優勝』と口を揃える2人の活躍で、再びのジャイアントキリングを狙う。

RECOMMEND