日本代表とアルバルク東京、2つの戦いに士気高く挑む馬場雄大「忙しいうちが華」

2018/11/23
Bリーグ&国内
2567

馬場雄大

「いかに自分を律せられるかが成長のカギ」

ワールドカップ予選を翌週に控えてのBリーグ開催となるこの週末。代表選手にとっては強化合宿からチームに戻ってすぐの試合とになり、心身ともにコンディション管理が問われる。

それでも、Bリーグよりも先に日本代表デビューを果たしている馬場雄大にとって、これは日常の一部。先日の代表合宿でも、「このナショナルトレーニングセンターに来る時は別の世界だと言い聞かせています。他のチームを代表する選手とプレーする意識もあります。忙しいうちが華だと思うので、必要とされるのはありがたい。だからこそ、一つひとつのプレーに自覚が必要だと思っています」と語る。

もちろん、簡単にこなせることではない。「身体がキツいというより、アルバルクは準備に時間をかけて、対戦チームによってディフェンスを変えるので、頭や気持ちの面でハードだと思うことはあります。身体の面では今シーズンは特にケアをしてというのは意識しているで、気にはなっていないです」

ただ、それをこなして結果を出してこそ日本を代表する選手だ。「課されるほうが楽ですけど、と思いますけど、いかに自分が感情をコントロールして、自分を律せられるかが今後の成長のカギだと思っています」と、馬場は自分に向き合っている。

馬場雄大

「代表の試合は気持ちと気持ちのぶつかり合い」

渡邊雄太と八村塁が不在の今回、馬場はフリオ・ラマスから「点数を取りに行け」との指示を受けている。「ドライブやリングへのアタックを増やせと言われています。ゴール付近にボールが入れば相手のディフェンスも変化して、良いバスケットが展開できると思います。それができる数少ない選手だと思うので、自分の役割だと思って積極的にやる必要があります」

まずはニック・ファジーカスの得点力を生かすこと。ただ、ファジーカスに依存するようでは相手のディフェンスは対応しやすい。そうならないためにもバックコート陣の得点は大事だし、速い攻めから相手守備陣をブチ破る働きが馬場に求められる。「ハーフコートだけでもダメだし、トランジションだけでもダメで、ニックは大きな柱となる選手ですが、そこに頼り過ぎないように」と話す馬場は、自身に向けられる期待を正面から受け止める。

ただ、それは代表だからといって何か特別なことをするわけではなく、自分らしいプレーを貫くこと。馬場自身も「Bリーグで良い経験ができているので、それを代表でも出したい」と、A東京でのプレーをそのまま代表に持ち込むことで期待に応えられるとの自信を持っている。

「代表の試合は技術云々ではなく、気持ちと気持ちのぶつかり合いで、先に折れたほうが負けです。勝ちに貪欲にプレーしていく必要があると思います」と馬場は言う。

また今回は、地元である富山での代表戦。馬場にとっては高校生以来の地元でのゲームとなる。当然、地元での盛り上がりは感じている。「市総合体育館のベンチで勉強したというのもありますね。バスケに限らずそこで過ごした時間も長いです。家族や恩師には声をかけて、たくましい姿を見てもらおうと思っています」と、いつもとは違うモチベーションもある。

今日と明日はアルバルク東京の一員として京都ハンナリーズと戦い、そして来週は日本代表として故郷へ凱旋する。タフなスケジュールではあるが、馬場にとっては刺激でしかない。Bリーグ最大の成長株は、また一回りスケールの大きくなった姿を見せてくれそうだ。